2WDと4WDという表示を見たことがある人は多いですよね。

しかし、実際にその違いを知っていますでしょうか?

今回は、トヨタ・ヴェルファイアの2WDと4WDの違いについて、ご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイア2WDを選択することによっての違い

ヴェルファイアに乗って豪雪地帯を走るなら4WDが適しているのは常識化していますが、雪道走行をしたことがあればわかりますが、車が滑りだす時は駆動している方から滑り始めます。

でも案外駆動していない方は滑っていないものです。

2WDの方がヴェルファイアでは、Xグレードで25万円の価格差があります。

雪道以外の悪路を走る場合の馬力の差と考えて4WD車にするかは迷うところです。

雪道走行だけで考えた場合には、ヴェルファイアは2WDにかかわらずすべてのグレードの車に横滑り防止装置が標準装備されています。

通常のFF車に比べて安全性は高いですから、安全運転での走行を守ったり余りに路面状態が良くない急こう配の道は避けるなどの対応で雪道でもスタッドレスタイヤで十分走行はできます。

とにかく雪道などの路面状態の悪い道を走行する場合は、普段以上に安全運転を心掛けることが先決です。

逆に4WDだから安心と言う過信が事故につながることもあります。

ただし、ミニバンで駆動力を出したいという人にとって4WD車をはずすことができないことは常識です。

走る能力では、4輪駆動が圧倒的に強く快適に走ることは間違いありません。

ブレーキシステムは基本的に2輪でも4輪でも同じ4輪ブレーキなので止まる動作の性能は同じになります。

冬の雪道を走る際に一番気を付けなければならないのは走るかどうかではなくて止まるかどうかです。

その意味で言えば、雪道を走るのなら金額の差でよく制御される品質の高いスタッドレスタイヤを履くのもひとつの考え方です。

2WDでフロントエンジンの車が多いのは、エンジンがフロントにあるので室内空間が広く取れることが最大のメリットになります。

この点はヴェルファイアにおいても同じです。

高速道路の直進性でもフロントエンジン車のほうが優れていると言われます。

逆にデメリットとしては、どうしても車の前の方が重くなるので、アクセルを踏みながらスピードを出してコーナーをまわろうとすると、思ったより外側に膨らむ傾向があるという事です。

そこで雪道などの滑りやすい路面では、この傾向が出やすくなるというのが4WDが優れている点でもあります

このような車の挙動のことを「アンダーステア」といいます。

またハンドルの切れ角が確保しづらいのもサイズの割に小回りがきかない原因になっているのです。

FRは走りと高級感とかっこよさが売りになり、ヴェルファイアを購入する人はそれを目当てに購入する人が多いのでその点を考慮して選ぶのが妥当になります。

スポンサードリンク

ヴェルファイア4WDの魅力と性能

日々の生活に欠かすことのできない一つとして、車は毎日の暮らしに役立っております。

プライベートではもちろん仕事でも役立つ車は、乗り心地や運転のしやすさ、疲れにくいなど様々な点を重視し選ぶ必要があります。

様々な車の中でもヴェルファイアは迫力あふれるフロントマスクが特徴で、優れたユーティリティや充実した快適装備などが備え付けられておりますので、安全で安心して運転を楽しむことが出来ます。

ハイブリッド車は全車4WDになっておりますが、実燃費や雪道での走行性能はアイスバーンなどの滑りやすい路面での発進のスムーズさ、また、安定性などに関しても、加速時の姿勢も含め抜群に安定をしております。

アクティブトルクコントロール4WDの制御は、通常2WDで走行をします。

各種センサーから情報を受けられたコンピューターが4WD走行が必要であると判断した場合、電子制御カップリングに指示を与える仕組みになっております。

後輪にもトルク配分するよう指示を与えてくれる仕組みは、魅力的な一つです。

前後のトルク配分は、路面状況などに応じて連続的に可変することが可能です。

様々な車がございますが、ライバル車の実燃費を比較してみると、11.6㎞/Lに比べヴェルファイアは0.2㎞/Lの差ではありますが、勝っていることが分かります。

雪道での走行性能に関して、ハイブリッド車やガソリン車にしても必要十分な能力が確保されておりますので安心をして運転することが出来ます。

その他にも、ハイブリッド車はフルサイズのミニバンとして、申し分のないくらい良好な燃費性能です。

一方で、ガソリン4WD車は、ハイブリッド車と比較をするとさすがに大きく差が出てきますが、クラスの平均レベルを下回るわけではございません。

総括してみても、ヴェルファイア4WD車は、降雪地帯で使用をする大型ミニバンの中で走行性能や燃費性能は十分優れており、合格点を与えられることが出来るほど、優秀な車だと言えます

ヴェルファイアは、3.5L/2.5Lガソリン車として設定がされているほか、見た目にも大満足をして頂くことが可能なデザインは、迫力があるだけでなくシックで、落ち着いた印象を与えてくれます。

乗り心地や性能はもちろん、格好の良いデザインも含めヴェルファイアは、安全で安心な運転や快適なお車での空間、または移動を楽しむことが可能です。

お車での移動が快適な時間を過ごすことが出来ます。

スポンサードリンク

ヴェルファイアは街乗り用でもスキーなど趣味の場でも華麗に走行できます

ヴェルファイアは大型ミニバンとして販売されており、7人乗りと8人乗りに分けられます。

エンジンの排気量の違いやガソリン車とハイブリッド車にも分類でき、グレードがいくつも用意されているので、利用者の目的や都合に合わせてセレクトできます。

大きな車体ですが、安全装置やモニター類も充実していることや、シートポジションが高めに設定されているので、意外と安全に取り回しをすることができる車種です。

大容量の後部席を用意しているので、買い物にも便利な一面もあり、街乗り用として利用することにも向いています。

エレガントなデザインに仕上がっているヴェルファイアは都会の風景にも馴染む要素を持っており、実際に街乗り用として活用している方も大勢存在します。

特にハイブリッド車を選択すると街乗りでも十分な燃費性能を発揮できるので、近年ガソリン代が高めに推移していますが、十分に家計の負担を軽減することもできます。

一方で市街地などを走行させることだけではなく、趣味の範囲でも活用できる自動車です。

ヴェルファイアには四輪駆動車が販売されているので、例えばスキーを趣味としていて、マイカーでスキー場に向かうことを検討している場合でも、四輪駆動車を選ぶと十分に対応できます。

その際には夏タイヤでは走行させることが困難な状態でもあるので、必ずスタッドレスタイヤを装着させることも忘れてはいけません。

冬期間で寒冷地などで生活を送っていて、時にはスキー場に出掛けることを行っている方であれば、スタッドレスタイヤ以外にも冬用のワイパーを装着させること、ウォッシャー液も凍結しない寒冷地仕様にすることも必要です。

趣味の範囲は非常に役立つ自動車になり、乗車人数が多いので、大勢で出掛けるような際にはかなり役立ちます。

実際に7人乗りや8人乗りの自動車は他にも販売されていますが、ヴェルファイアの場合では、ゆとりが十分にあるスペースを確保しているので、ストレスを感じることなく大人数でも移動可能です。

街乗りでも趣味でもどのようなシーンでも相応しいと感じる自動車になり、デザイン面だけではなく走行性能もチェックできます。

排気量と車体重量の割には燃費効率が優れていて、馬力を十分に確保している優れたエンジンを搭載しているので、パワー面でもゆとりある走行を実現しています。

冬期間に関わらず、付随しているオプションや社外品も充実しているので、何かと楽しめる自動車ではないでしょうか。

トヨタ・ヴェルファイアの2WDと4WDの比較についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

お住いの地域やウィンタースポーツの趣味をお持ちの方には、4WDがおすすめのようですね。

ぜひ、自分のカーライフに合った方を選び、購入するようにしましょう。

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク