トヨタ車好きなそこのあなた!

トヨタ・ヴェルファイアとトヨタ・アルファードについて、比べてみたことはあるでしょうか?

今回は、トヨタ・ヴェルファイアとトヨタ・アルファードとの価格や燃費、さらに、大きさについてもご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアvSトヨタ・アルファードを価格で徹底比較

ヴェルファイアvSトヨタアルファードというのは、同じメーカーの最上位ミニバンとして君臨するためによく比較されます。

元々アルファードが先に販売されていましたが、その姉妹車としてヴェルファイアが後から販売されたというのが歴史です。

そのため、基本的な部分は同じでサイズなどにはそれほどの違いがありません。

このふたつの車種には、ガソリン車とハイブリッド車という違いだけでなくエンジンなど様々な違いが豊富に用意されています。

グレードなどもあり、カタログを見ていると分からなくなってしまうこともあります。

そのため、購入するときはガソリン車にするのかハイブリッドにするのかを検討し、ガソリン車の場合は2.5Lか3.5Lの中から更に選ぶ必要があります。

ここで問題になるのが価格です。

しかし、両方とも基本的な性能が同じために販売価格にはそれほど違いがありません

ガソリン車で3,354,480円〜3,769,000円、ハイブリッドで4,363,200円〜4,493,000円になります。

ただこの金額は設定価格なので、オプションをつけることで差が出てきます。

一般的にアルファードは優雅なイメージで、内装への装備は豊富に用意されています。

それに対してヴェルファイアはエアロなどの外観の装備が豊富で、オプションにより価格が頃なります。

グレードにより金額に大きな差が出てくるため、実際に購入する際の目安としては、335万~751万と言われています。

どこにお金をかけるのかというのは、個人の趣味なども含まれるために同じ車種を買ったとしても違いが出てくるでしょう

ただ、外装にお金をかけるとその分費用が必要になるため、こだわればこだわるほどアルファードよりヴェルファイアの方が金額が上がってしまう傾向にあります。

この点は個人でオプションを選べるので、元々の金額は同じだと言うことを頭に入れておくと比較検討がスムーズになります。

そのうえで自分に必要なオプションを選ぶようにするのがいい方法です。

比較されやすい車種ですので、スタッフもその点は理解してくれます。

アルファードとの大きな違いは外観だとよく言われています。

見た目で選ぶことも決して悪くありません。

ヴェルファイアとアルファード、基本的な構造は同じですので好みで選ぶのが正解です。

価格も基本的なところは同じですので、そこまで気にする必要もないでしょう。

好きな車に乗るという基本に立ち返ることができます。

スポンサードリンク

大きさを比較するヴェルファイアvSトヨタ・アルファード

近年の自動車業界は、SUVやミニバン全盛の時代と言われています。

その理由としましては、多くの人が乗車できるということや、大きな荷物を積載することが出来るという利点があるからで、その両カテゴリーの中でも、長く高い人気を保っているのがミニバンのカテゴリーです。

ミニバンは高い人気を博しているカテゴリーなだけに、各自動車メーカーの開発競争が激化しています

開発競争がされるということは、消費者にとっては喜ばしいことであり、それだけ質感が高いものが生み出され、販売されるということが言えます。

そのミニバンの中でも特に高い人気を誇るのがトヨタ自動車が製造、販売を行っているアルファードとヴェルファイアで、その両車は兄弟車として位置付けられていますので、プラットフォームは同じところからキャラクター分けがされています。

アルファードはラグジュアリーを追求したキャラクターとなっており、外観、内装共に質感の高さを感じることができ、ラウンジのシートに座っているかのような感覚に浸れる自動車となっています

他方、ヴェルファイアはアルファードのようなラグジュアリー感は残しつつも、そこにアグレッシブな要素を加えたキャラクターとなっており、アルファードよりも攻めの姿勢が感じられる外観デザインで、室内空間も居住性の高さは確保しつつも、ドライバーも楽しく運転できるという走る楽しさを追求したコンセプトとなっているのです。

そのような異なるキャラクター性を持った両車を比較する際に重要となるのが大きさで、ボディサイズをヴェルファイアvSトヨタアルファードとして比較してみますと、基礎となるプラットフォームは同じですからボディサイズは同等で、外部の寸法は同等ですし、室内空間の広さも同じと言えます。

インテリアデザインが異なる両車ですが、室内空間の広さに影響はありません。

どちらも広々とした空間を確保しています。

後席の居住性の高さもさることながら、運転席や助手席も十分なスペースが確保されています。

ですから、大きさで比較した場合は、両車は同等ですので、そのキャラクター性の違いで比較することになるでしょう。

ミニバンの中でも最高ランクに君臨するトヨタ自動車のアルファードとヴェルファイアは、大きさは同等であり、どちらも国内のミニバン市場では最高クラスのボディサイズ、そして室内空間の広さを誇ります。

キャラクター性が異なる両車なだけに、興味深い事実です。

スポンサードリンク

ヴェルファイアvSトヨタ・アルファード、燃費はどちらに軍配が上がるか

現在、車市場ではミニバン・ワンボックスの人気は非常に高くなっています。

トヨタ車の中でも人気車種と言えるヴェルファイアとトヨタアルファードですが、実際にはどちらを選ぶべきか分からないと言う人も少なくありません

なぜなら、これらの2つの車は販売系列店が違っているだけで、兄弟車と言えるからです。

その為、全長は少しだけアルファードの方が長くなりますが、全幅、全高両方とも同じ値となっています。

したがって、少しデザインが違うので好みが分かれることも有りますが、基本的には自分の利用している販売店で扱っている車の方を買うと言う人も決して珍しくありません。

実際に車を所有する上で気にする人の多いポイントの一つが燃費です。

ヴェルファイアvSトヨタアルファードで比較してみるとヴェルファイアの方はJC08モードで11.6km/リットルとなっています。

対するアルファードの方はJC08モードで9.5km/リットルとなっており、2.1km/リットルの差が発生しています。

この差が出てくる理由は、両者の車体の重さ、さらにエンジンのサイズが違っていると言うことです。

実はこのエンジンの差が、実際の燃費には大きく影響を与得る要因となっています。

殆ど同じ様なボディの車ですが、ヴェルファイアの方がアルファードに比べるとコンパクトなエンジンとなっており、さらに車体の重さも120㎏軽くなっています。

その為、アルファードに比べると低燃費で走行可能となっているのです。

また、実際に利用するガソリンも違っているので、トータルで見た維持費も安い傾向となっています

したがって、できるだけ安い維持費で大きな車を所有したい時には、ヴェルファイアの方がお勧めだと言えます。

もちろん、高速道路を利用した時と一般道を利用した時でも全く燃費が違うと言う事と同じ様に、どの様な利用をしたのかと言うことでも大きく数字は変わってきます。

例えば、一人で近場での移動の為に利用した場合か、大勢で遠出をした時なのか等です。

ただ条件を全く同じにして車を利用した時の事を考えると、アルファードに比べるとガソリンの消費量は少なくなっています。

ただ、2つの車だけを比較した時の場合は、アルファードの方がガソリンの消費も多いので、給油の回数も多くなります。

ただ現在自動車市場では様々なミニバン・ワンボックスカーに人気が集まっていますが、その中でもトヨタのこの2つの車は非常に燃費の良い車だと言う事が出来ます。

ヴェルファイアVSトヨタ・アルファードとの価格や燃費比較についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

比べてみると、持費についての差がかなりありましたね。

自分自身やご家族の生活のこと、金銭面のことを考え、購入に至るといいかもしれません。

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク