車購入を考え、いざ、車を選ぼうとした時、悩んだことはないでしょうか?

トヨタ・ヴェルファイアとトヨタ・ヴォクシー。

実際、どちらのほうがお得であったり、安全性が大きかったりするのでしょうか?

トヨタ・ヴェルファイアとトヨタ・ヴォクシーの価格や大きさ、さらには、燃費についてもご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアvSトヨタ・ヴォクシーという価格競争について

ヴェルファイアとトヨタヴォクシーは二社とも車のメーカーであります。

顧客が新しく車の購入を検討する時には様々な観点から買うものを決めます。

また先にメーカーを決める場合と特定の車種を決めてしまい場合があります。

客が買うことを考えるときにはいくつかのポイントがあると思われます。

それはデザインや色、機能性、価格などです。

この中でも価格を重視するという人も多くいると思います。

ヴェルファイアとトヨタヴォクシーは両社とも新しいものを出している会社と言えます。

連日メディアの広告でも流れるように最新と呼べるレベルかと言えます。

なので、客の中でこの二つの会社のものに的を絞っていくという人は買うポイントとしてはデザインや機能性重視であります

さらに同レベルの新しさであるため、後は具体的なそのもの自体のデザインや機能性を見て決めるという流れとこの段階でものの価格に着目して決めるという流れがあります。

後者の場合にヴェルファイアvSトヨタヴォクシーという価格競争という図式が出来上がります。

二社の競争ですが、価格を見るとトヨタヴォクシーの方が相対的に安いのではないかと思われます。

やはり親会社が別にあるトヨタ系列のメーカーになるので、当然親会社からの出資金も多くあるわけですしグループ会社同士で手を組み提携して何かサービスをしている可能性が高いです。

既に親会社のものを持っている客は新しく商品を買う際により安く買えるかもしれません

元々グループ社内に品物を持っているか持っていないかに関わらず、上記の点からトヨタヴォクシーのものの方が値段については安く買うことが出来ると言えます。

近年はあらゆる商売の業界の中でもサービスが大変発達しており、グループ会社間や同業界間や近くにあるお店を持つ会社同士で提携して共同で出資しサービスを共有するというケースが数多く見られ、情報社会ゆえどんどん質が上がり数が増えています。

こういったサービスはメディアの宣伝や店の中の説明書きを通して消費者が大変入手しやすい環境を作り上げています。

なので、消費者の方で情報を得ようと行動しなくても日常生活を送る中で自然と情報が耳から入ってくると言えます。

こういう背景を考慮してみるとヴェルファイアvS トヨタヴォクシーの競争は値段という点では当然トヨタヴォクシーが勝者となり購入という点から見てもトヨタヴォクシーが勝つ可能性が高いかもしれません

とはいってもデザインなどを重視する人もいるのでそこははっきりとしない所です。

スポンサードリンク

大きさを比較するヴェルファイアvSトヨタ・ヴォクシー

近年はSUVやミニバンが高い人気を博しています。

その要因としましては、多くの人を乗せることが出来たり、大きな荷物を積載することが出来る利点があるからです。

その両カテゴリーの中でも、特にミニバンは長く人気を保ち続けています。

ミニバンのカテゴリーは、各自動車メーカーが開発を進めている激戦区と言えます

開発合戦が行われているからこそ、質の高いミニバンが発売されるようになっています。

その時代にあって、特に高い人気を誇るのが、トヨタ自動車が製造、販売を行っているヴェルファイアです。

ヴェルファイアは、アルファードの兄弟車として誕生し、開発が進められてきました。

それ故にアルファードのようなラグジュアリー感と、アグレッシブなキャラクターも持ち合わせている興味深いミニバンです。

その独特のキャラクター性から、幅広い層の人たちから高い人気を獲得しており、多くのシェアを獲得している自動車です。

それとキャラクター性が似た自動車があります。

同じくトヨタ自動車が製造、販売を行っているヴォクシーです。

ヴォクシーはひと回りコンパクトなボディでありながら、広い室内スペースを確保し、内部と外部において質感が高いミニバンとなっています。

ミニバンという同じカテゴリーにおいて、同じようなキャラクター性を持った両車種ですから、購入の際に比較される場合が多いです。

比較の基準となるのは、やはり大きさです。

ミニバンをチョイスするということは、大きさが優先事項となります。

ヴェルファイアvSトヨタヴォクシーとして大きさを比較した場合、ヴェルファイアの方がひと回りコンパクトな大きさとなっています。

それは、運転時の取り回しのし易さを考慮されての設計と言えます。

ヴォクシーの方が外観サイズは小さいので、室内空間も圧迫されるのかと思われがちですが、実際は必要十分な広い室内空間が確保されています。

大人が多人数乗車できる十分なスペースが確保されていますし、シートアレンジによって大きな荷物を積載することも可能です

ヴェルファイアはアルファードがベースとなっていますので、かなりの容量の室内空間を誇りますが、ヴォクシーも負けてはいません。

それに匹敵する室内空間を確保しています。

それでありながら、外部のサイズはコンパクト化されていますから、運転が苦手な人にとっても重宝するミニバンと言えるのです。

ラウンジのような高級感を求めず、日常使いをベースに自動車を選ぶのであれば、ヴォクシーも選択肢に入ってくるでしょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアvSトヨタ・ヴォクシーを燃費で検証します

ヴェルファイアvSトヨタヴォクシーは同じメーカーなので、比較検討している人も多いのではないでしょうか。

共にトヨタを代表するミニバンと言っても過言ではありません。

同じネッツで購入できる事からも比べ安いです。

ただ、同じミニバンでも簡単に比較出来るものではないので車種の中でも搭載しているエンジンによって変わるという事をおさえておきましょう

ヴェルファイアの2.5のガソリン車の場合の燃費は11.4~12.8km/Lで3.5エンジンの場合は9.1~9.5km/Lです。

ハイブリッドでは18.4~19.4km/Lと良くなる事が分かります。

一方のヴォクシーですが同じエンジンのサイズはありません。

2.0のガソリン車で14.0~16.0km/L、ハイブリッドで23.8km/Lという数字が出ています。

この数字はメーカーが公表しているもので、実際の街乗りなどでは感覚が大きく異なってくるでしょう。

実際に乗っているとヴェルファイアの2.5エンジンでは一般道で7~9km/L、高速道路で10~15km/Lと言う数字です。

3.5エンジンでは一般道で5~8km/L、高速道路では9~14km/Lになります。

ハイブリッドでは一般道でも10~14km/Lという数字で、高速道路では14~20km/Lまで上がる事が分かっていてガソリン車との違いが分かります。

実際に乗ってみると、ヴォクシーとほとんど変わらないと言ってもいいでしょう

400キロも軽いヴォクシーとほとんど同じ燃費を出しているというのはすごい事です。

重量だけでなく排気量が500ccも増えている事にも注目しましょう。

車は購入時にかかる費用だけでなく、ガソリン代などの毎月かかるお金が必要になります。

ヴェルファイアとヴォクシーを比較する際にも維持費というのは検討すべき点です

多くの人がヴォクシーの方が燃費がいいと思っていて、公式のデーターもそのような数字が出ていますが、実際に乗った感覚ではそれほど違いを感じる事は出来ません。

ヴェルファイアとヴォクシーで悩んでいたら、燃費などは実はそれほど変わらないという点をふまえて選ぶようにしましょう。

もちろん、ヴォクシーの方が軽く排気量も少ないために公式の数字でも燃費は良くなっています。

ただ、走っている実感としてはそれほどの違いを感じられないという事を知っておくと、ガソリン代の事を気にせずに自分の好きな車を選ぶことができます。

トヨタ・ヴェルファイアVSトヨタ・ヴォクシーの価格や大きさと燃費についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

大きさや燃費性はあまり変わらないものの、価格については少し差がついていました。

購入する際には、予定価格も考え、実際に乗ってみて、自分達のカーライフに合うものを選んでみましょう。

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク