下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


車の購入をお考えのそこのあなた!

トヨタ・ヴェルファイアとトヨタ・エスティマ、どちらが良いのか比較をしてみませんか?

どちらも大きい車だけど、安全性は大丈夫なのか、燃費はどうなのか気になる所ですね。

そこで、トヨタ・ヴェルファイアとトヨタ・エスティマと動力や走行性能、さらには、価格比較もご紹介します。

スポンサードリンク

トヨタの代表的な上級ミニバンのヴェルファイアVSトヨタエスティマは価格にほとんど差がなし

トヨタを代表する上級ミニバンには、ヴェルファイアとエスティマの二つの車種が存在し、購入する上でも比較されることが多いです。

同じトヨタから製造されていることで上級ミニバンに分類されるため、共通的な部分も多いですが、コンセプトや乗り心地面においても大きな違いが見られます

共通的な部分については、乗車定員も共に8人乗りであり、しかも燃費もリッター11.6kmで同じ燃費を実現します。

よく自動車を比較するサイトでもヴェルファイアVSトヨタエスティマといった具合に比較され、その比較サイトを調査してみて違いが判別できることも多いです。

大きな違いにはまず外観に相違が見られ、エスティマの方は流線形の丸みを帯びたボディを実現し、一方のヴェルファイアは重厚感が感じられる堂々としたテーストになっています。

前者の方が全長と車高の大きさが一回り小さいこともあり、コンパクトにまとめられた感もあります

ただ全席の見晴らしの良さがあるため、揺れを感じさせない構造にもなっているため乗り心地としては格別に良いとメリットも存在します。

それでいてコンパクトにまとめられていながらも、それほど狭さを感じず、むしろ広さやゆとりを感じさせる構造になっています。

後者は前席の広い視野が見られ、室内空間もサイズ通りの広々とした感じを与えてくれます。

重厚感な走りで路面から伝わる衝撃をサスペンションで受けることで居心地の良い空間を実現しているのが特徴的です。

また小回りが利く方が後者となり、最小回転半径が5.6m、前者のエスティマだと5.9mです。

タイヤサイズについても前者が225/50R18、後者が215/65R16という様に前者が2インチほど太いタイヤを採用していることから、走行の安定性にも繋がっています。

価格面の比較においては、その違いについてはエスティマが約327万円、ヴェルファイアが約319万円となり、エスティマの方が高くなりますが、ほとんど差がありません。

価格の面から差がない特徴もありますが、人気面においてはエスティマの方が軍配が上がり、年齢層が高めの方でも運転のしやすさが特徴的です。

若い世代からお年寄りまで幅広く支持され、運転されているミニバンがエスティマとなります。

もっともヴェルファイアを選択する方は若い世代に偏る傾向が見て取れ、ファミリー世代層に支持されています。

このようにVSトヨタエスティマとしても価格にして少しお得な印象が見られるため、それも若い世代層が支持を受けやすいことにも繋がります。

スポンサードリンク

ヴェルファイアVSトヨタエスティマの大きさの違いは

自動車には様々な車種がありますが、その中でも乗用車の中で大きな部類に入るものがミニバンです。

車高が高くシートも3列あり、人がゆったりと乗れるだけでなく荷物もたくさん載せられるものになります。

しかし同じミニバンであっても大きさは違うものであり、しっかりと比較することが重要です。小さいものから大きなものまであり、ナンバーとしては3ナンバーと5ナンバーに分けることができます。

その際に重要になることが同メーカーのサイズであり、ヴェルファイアVSトヨタエスティマは人気車種であるのでどのような違いあるのか把握しておくことは大切です。

ヴェルファイアVSトヨタエスティマですが、こちらはナンバー的には両方とも3ナンバーになります。

エスティマのほうが若干小さいですが、エンジンが2000cc以上あるので同じ3ナンバーに分類されます。

車体の大きさですがエスティマでは全長4820mmの全幅1810mm、そして全高が1745mmです。

一方でヴェルファイアの方は全長4935mmで全幅1850mmそして全高は1935mmと、長さ115mm幅40mm高さ190mm大きくなっています。

対して大きさが違うわけではありませんが、この多少の違いが運転のしやすさに影響してくるので注意しなければいけません

室内ではエスティマで室内長3010mm室内幅1580mm、そして室内高が1255mmです。

一方のヴェルファイアは室内長3210mm室内幅1590mm室内高1400mmと、エスティマに比べてゆとりのある空間となっています。

これは車のコンセプトの違いによるものですが、ミニバンとしてゆったりと乗れて荷物もより多く載せたいのであれば大きな方を選ぶ方が安心です。

高さがあることにより子供が立って着替えることもできるため、レジャーなどにも有効的に利用することができます。

しかし高さがあると風の影響も受けやすいので、その点に気を付けて選ぶことが大切です。

そしてタイヤのサイズになりますが、エスティマが18インチと2インチ大きなものが標準装備として採用されています。

車体の大きさに対して、タイヤのサイズは逆になっているのでその点に気を付けなければいけません。

タイヤの大きさが違えばその分だけ履き替えなどで買い替えるときに、費用は大きくなってしまいます。

ヴェルファイアVSトヨタエスティマは、そのような部分もしっかりと比較しておきましょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアVSトヨタエスティマの燃費の比較。

毎日の暮らしに欠かせないものの中にはたくさんの物がありますが、様々な場所で役立っている車は、移動手段や仕事でも必要なものの一つです。

車の中で優れた性能や乗り心地が抜群な車はたくさんありますが、ヴェルファイアは上級ミニバンタイプは迫力のあるデザインや乗り心地にも気を配られている点、性能や燃費に関しても最も優れている車です。

トヨタのエスティマは人気車種の一つで、VSトヨタエスティマで維持費を比較したところ、エスティマはJS08モード燃費11.6㎞/L、排気量2362㏄、最高出力170ps、最高トルク22.8㎏・m/4000rpm、使用燃料は無鉛レギュラーガソリン、車両重量1730㎏に対し、ヴェルファイアはJC08モード燃費11.6㎞/L、排気量2493㏄、最高出力182ps6000rpm、最高トルク24.0㎏・m/4100rpm、使用燃料は亜鉛レギュラーガソリン、車両重量1920㎏です。

駆動方式は、2車ともFFになっております。

VSトヨタエスティマで比較をしてみても燃費はともに11.6㎞/Lと同じですが、ヴェルファイアは車両重量が190㎏も上回るのにもかかわらず、細部に空力特性に拘り優れている燃費性能を実現することが出来ております。

使用燃料は、2車ともに懐にやさしいレギュラーガソリン仕様になっておりますのでお車の中でも魅力的な一つです。

その他にVSトヨタエスティマで室内のサイズを比較してみましても、よりゆとりのある大きなボディ、利便性と実用性の全方向に居心地の良い広々とした快適な移住性を確保されている部分にはヴェルファイアです。

2列目、3列目シートは、ワンタッチで座面がはね上がることが可能なチップアップ機能が備え付けられており、2列目シートのロングスライド機構と相まっております部分はもっとも、乗り心地を考えられたものだという事がお分かり頂けます。

多彩アレンジが可能なリアシートを備え付けられている部分も魅力的な一つです。

大きな荷物や長尺のものも積むことが出来るので、利便性には十分優れた特徴のある、パッケージデザインになっております。

また、疲れの少ない快適な乗り心地を考えられており、ヴェルファイアは十分に厚みのある心地よいシートは、長時間座っていても苦痛になることがございません。

トヨタエスティマは、肌触りの良い厚めのシートは、ゆったりとしており、揺れを感じにくいフラットでどっしりとした上質な乗り心地になっておりますので、2車とも乗り心地には、申し分がないほどの優れた性能を備え付けられております。

快適なお車での移動を楽しむことが可能です。

トヨタ・ヴェルファイアVS日産・エルグランドと動力や走行性能、価格比較についてのまとめ

いかがでしたか?

大幅な違いはないものの、いろいろな利点や気をつけておきたい点はあります。

自分自身のカーライフに合う車をぜひ選んでみてくださいね。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!