下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


トヨタ・ヴェルファイアの新型と旧型があるのをご存知でしょうか?

いろいろな違いがあるのか、旧型の良さ、新型の良さはどこにあるのでしょうか?

ヴェルファイアの旧型・新型の違い、さらに、年式による比較についても、ご紹介します。

スポンサードリンク

現行の新型ヴェルファイアの特徴や良さ

ヴェルファイアは日本車のミニバンの中で最高級クラスの車種です。

Lクラスミニバンだけあって数あるミニバンの中でも特に車体が大きく、車内スペースもかなり広いです。

乗車するスペースだけでなく、収納スペースも広く確保されているのでアウトドアなどにも向いています。

内装は重厚感があって、高級ミニバンにふさわしい雰囲気を持っています。

座り心地も非常に良くて運転席から助手席、後部座席まで長時間の乗車でも負担になりません。

シートの可動域も広いので、状況に合わせてシートを自由に動かせるのも大きなメリットです。

運転席のスピードメーターなどもカラーディスプレイになっていて、運転者に見やすい仕様になっています。

内装のカラーは複数用意されていて、オーナーの好みによって選択できます。

現行の新型ヴェルファイアにはセーフティーサポートと呼ばれる運転支援システムが搭載されています。

ペダルの踏み間違いや前の車両との車間が急激に詰まった時に衝突しないようにサポートしてくれるので、安全性能も優れています。

駐車時もカメラで後部を撮影してモニターに表示するシステムがあるので、安全に駐車できるように手助けしてくれます

自動車の死角から他の車両が出てきた時に検知するシステムもあります。

新型ヴェルファイアにはガソリンエンジンのモデルとハイブリッドエンジンのモデルがあります。

ガソリンエンジンの2100kg以下の車両重量のモデルでリッターあたり10.8キロの燃費で、ハイブリッドでは同じく2100kg以下でリッター19.4キロの燃費性能です。

この数字は大型のミニバンとしては非常に優秀な燃費性能と言えます

構造上騒音や振動を抑えるような設計がされているので、走行中は非常に快適です。

減衰力を適正化するバルブを採用し、ボディ剛性を高めた事で広い室内空間や収納スペースを実現しながら安定した走行性能を持っている車種です。

EVドライブモードとエコドライブモードに切り替えられて、EVドライブではモーターのみで走行して静かに走る事ができます。

エコドライブモードではアクセル操作の駆動力を穏やかにして、燃費をより高める走行になります。

ヴェルファイアの外観は高級ミニバンに相応しい洗練されたデザインになっていて、高級感が感じられます。

標準色あらオプション色まで合わせると全部で7種類のカラーが用意されています。

グレードも複数用意されているので、価格や性能から自分が求めているものを選択しやすくなっています。

スポンサードリンク

型落ちだけどお得かも?旧型ヴェルファイアの魅力

トヨタの高級ミニバンの二大巨頭となったアルファードとヴェルファイアの二台。

日本の自動車市場における高級志向大型ミニバンブームを象徴する車種です。

かつて、アルファードの一つのグレードだったものが独立して独自の道を歩むようになってもう10年の時が経ちました。

2015年のフルモデルチェンジにより初代ヴェルファイアは型落ちとなってしまいましたが、その高級感と存在感をもったこの車の魅力はいまだに色あせることは有りません

2008年の発売から2015年まで、ラインナップされてきたこの旧型(初代)ヴェルファイアですが、2010年以降のモデルは特にあらゆる面で洗練された追加のグレードが搭乗しているのです。

こうした高級志向のミニバンは非常に高い価格設定である事もあり憧れの存在でありますが、上位グレードや後期に追加されたグレードなどはなかなか手の届きにくい存在でもありました。

しかし新型の登場により型落ちとなった事で、こうしたモデルが手の届きやすい存在へとなっているので注目です。

機能や性能、品質などが洗練されている2010年以降の旧型ヴェルファイアですがその中でも掘り出し物と言っても良いモデルがヴェルファイアG’sではないでしょうか。

トヨタのモータースポーツノウハウをフィードバックした空力性能の向上とボディ剛性の向上が図られローダウンサスペンションによる低重心化を施しキビキビした走り味を実現しています。

プロのドライバーによるデータ収集を経てチューニングされたスペシャルな一台に仕上がっています。

数多くの専用装備を備え、エアロパーツの変更で見た目も一般にラインナップされているモデルとはまるで違い、あらゆる面で高い品質を感じる事ができ、特に専用マフラーによるサウンドとても魅力的です。

四本出しの迫力もあって見た目もダイナミックになり所有する喜びを感じさせます

そんなこのモデルですが、終盤に投入されたこともあり比較的新しい個体が多く、型落ちという事もあって中古であれば非常にリーズナブルな価格で手にする事ができるという点が大きな魅力です。

これ以外にも後期に投入されたグレードには魅力的な装備や、オプションパーツを備えた中古車が多く出回っています。

もちろん新型にも圧倒的な魅力がありますが、ちょっと背伸びしたグレードを旧型に求めてみるというのも一つの選択肢でしょう。

魅力的な一台を求めて探してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

ヴェルファイアの年式ごとでの比較

2008年にミニバンとして登場してから、競争の激しい高級ミニバンというカテゴリー内でも、高いプレステージ性や大胆でアグレッシブなデザインで、高い人気を呼んだのがヴェルファイアです。

このヴェルファイアの20型と呼ばれる低年式のと30型の高年式ので比較します。

20型ヴェルファイアは、2008年に出ました。

特徴はダイナミックなフォルムではありながら力強さや先進性をコンセプトに、横長になっているメッキグリルや上下にあるヘッドランプがあり、高いプレステージ性と力強いデザインになっています。

エンジンは3・5L V型6気筒エンジンや2・4L直列4気筒型エンジンという2種類のエンジンを基準にした、FF起動のビスカスカップリング式フルタイム4WD駆動というバリエーションの中から、ラインナップが構成されています。

2・4L直列気筒型エンジンは、初代の時よりややパワーアップされましたが、それでも約20%の燃費向上、7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付きのSuper CVT-iが使われており、アクティブな走りを可能にさせました

これまでにも使われてきた3・0型は排気量が上がり、スムーズに変速ができるのが特徴な6速SuperECTと相まり、余裕ある走りを可能にさせています。

一方で30型ヴェルファイアはコンセプトを新しい大空間高級サルーンの先駆車を創造というコンセプトにしており、ミニバンという枠には入らない高級車として、揺るぎない存在感やポジショニングをしっかり定めるために開発されたモデルです。

20型と比較してさらに広くなった大型フロントグリルや抑揚のあるボディサイドフィルムなどさらに迫力のあるデザインとなっています。

エンジンは3・5L V型6気筒エンジンや2・5L直列4気筒型エンジンの2つを基準に、FF起動、フルタイム4WD駆動のバリエーションからラインナップが成っています。

新しく開発された2・5Lエンジンはアイドリングストップ機能を持ち、さらに7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付きのSuper CVT-iと相まってこれまでより約10%の燃費向上に繋がりました。

3・5L V型6気筒エンジンについては基本的に従来のと同じスペックのを搭載しています

ダブルウィッシュボーンリヤサスペンションが採用され、低床フラットフロアや広い室内を表し、高級車として相応しい外観や乗り心地、優れた操縦安定性を実現させました。

高年式の30型は旧式に比べて高い操縦性や乗り心地、そしてさらに大胆な外観を実現し、古くからある大胆さを維持しつつ様々な観点がパワーアップしています。

トヨタ・ヴェルファイアの新型と旧型の違いや年式による比較についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

旧型よりもさらに、安全性や燃費性能が増したトヨタ・ヴェルファイア。

新型・旧型それぞれ魅力があります。

ぜひ、乗ってみて、自分の好きなポイントを見つけてみてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!