トヨタ・ヴェルファイアのタイヤについて、知っているでしょうか?

実は、奥が深いタイヤ。

カッコ良く乗りこなすためにも、ぜひ、タイヤについて知っておきましょう。

ヴェルファイアのタイヤサイズの特徴やタイヤホイールのサイズアップする方法、さらにタイヤ交換の交換方法のポイントについてご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのタイヤサイズそれぞれの特徴

大型ミニバンと呼ばれるカテゴリーの中でも断トツの人気を誇るのが、トヨタのヴェルファイアでしょう。

購入時には、トヨタ純正のタイヤを3つの中から選択できるようになっています

ハイブリッド車とガソリン車のベースグレードに装着されるのは、タイヤサイズが16インチというやや小ぶりな印象を受けるタイヤです。

このサイズのタイヤは性能面では全く問題はありませんが、外見上、細く小ぶりな印象を与えるため、どちらかというと迫力に欠けると感じる方が多いようです。

それで、ヴェルファイアの特徴を考えた時に、やはり多くの方が選ぶのは、タイヤサイズが17インチか18インチのものであると考えられているのです。

基本的に言って、タイヤサイズが17インチのものは、流れるような曲線を強調した上品なデザインが採用されていると言われています。

それに対して18インチのものは、直線を基調とした迫力のあるデザインになっているのが特徴です。

特に、235mmに18インチというサイズは、何とスポーツカーも顔負けと言われるほどのサイズであるため、大型ミニバンにこのサイズのタイヤを履かせると格好良くなるのが魅力です。

タイヤも薄く、ホイールハウスの隙間も少なくなるからです。

このように、トヨタのヴェルファイアでは17インチと18インチが主力と言えますが、どちらのタイヤサイズを選ぶかによって見かけ以外にも変わってくるものがあります。

それは、維持費と乗り心地です

維持費に関しては、タイヤそのものの値段が、17インチのほうが安くなるのに加えて、交換代や燃費という面からしてもやはり17インチのほうが安く済むと言われています。

例えば、タイヤが大きくなればなるほどタイヤの値段は高くなりますし、転がり抵抗の少ない17インチのほうが若干燃費が良いとさえ言われているのです。

それで維持費を少しでも抑えたいと思うなら17インチのタイヤを選ぶことが勧められています。

乗り心地に関しては何と言えるのでしょうか。

例えば18インチの場合、タイヤの幅が広いため、それだけ凸凹を拾いやすくなっているのに加えて、ノイズも大きくなってしまうものです。

それに対して17インチではエアボリュームが多いため、穏やかな走行ができると同時にノイズも少ないのが特徴となっています。

それで乗り心地という点から考えるなら、17インチがお勧めと言えるかもしれません。

いずれにしても、ヴェルファイアを購入する時には、それぞれの特徴やメリットをよく考えた上でタイヤサイズを選ぶようにしたいものです。

スポンサードリンク

ヴェルファイアをサイズアップするには

 

ヴェルファイアは国内の大手自動車メーカーが開発・販売しているミニバンですが、カスタマイズをする事でユーザーの好みの姿にする事も出来ます。

その為には、カスタマイズするのに必要なパーツを選ばなければいけません

交換出来る物で代表的なのがホイールの交換でしょう。

ホイールの交換を行う事でヴェルファイアのサイズアップをさせる事が出来ますので、ユーザーの望むスタイルに近づける為の工夫を行えます。

純正ホイールのサイズは、Xグレードで16インチ、エアログレードで18インチとなっており、それ以外では17インチです。

ディーラーによっては19インチが用意されている事があります

サイズをアップさせるには、ホイールのサイズが一つのポイントになってきます。

バランスを重視するのであれば、それに見合ったホイールを探す必要が出てくるでしょう。

カスタマイズに使うホイールのサイズで定番であるのは20インチですが、バランスを考慮して21インチを選ぶユーザーが多く、人気があります。

インパクトを重視したい場合には、22インチの物を選ぶ事が多々ありますが、近年では20インチと22インチの間を取った21インチの物が注目されています。

標準よりも大きく、22インチほどのインパクトが必要無い時に、バランスが良く見える21インチのホイールは最適な選択肢です。

ヴェルファイアは多人数を乗せて走行出来るミニバンであり、フォルムも元々尖った印象があります。

この車をよりダイナミズムを感じるようにカスタマイズしていくのがサイズアップという方法です

ダイナミックさを感じられるようにしておく事で、力強いフォルムを構築する事ができ、存在感をアピールする事が出来るでしょう。

ヴェルファイアのサイズアップはホイール選びが大きな鍵を握っており、スポークスのデザインで遊びを持たせる事もでき、標準装備とは一味違った雰囲気を引き出す事が出来るようになります。

サイズアップをさせてから、外装をよりカスタマイズしたい場合にはエアロパーツの装備やライトの換装、ミラーカバーの交換などがありますので、力強さだけではなく、スタイリッシュさやラグジュアリー感を持たせるといった事も行えます。

バランス良く、格好良さを求めるのであれば、このように外装に適したパーツを配置していくのが効果的であり、ヴェルファイアを一層魅力的な車に仕上げていく事が出来ます。

完成度の高いカスタマイズを行うにはサイズアップも一つの手段として有用です。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの気になるタイヤ交換の交換方法

ヴェルファイアを利用していく上で気になるのがタイヤ交換です。

冬の季節になりますと雪が降って路面が凍りますのでタイヤを交換しないと危ないですから自分で交換するためにも交換方法を知っておく必要があります

ヴェルファイアのタイヤ交換と聞くと難しいと想像してしまいますが、工具さえ揃っていればそれほど難しいことはありません。

用意しておく工具はレンチやジャッキになりまして、しっかりと準備をしていれば大丈夫です。

交換を始める前に安全性の確保のために準備が必要であり、エンジンを切ってサイドブレーキをかけた上でパーキングに入れておき、交換するタイヤと対角にあるタイヤは輪止めをしておいてください。

それらの準備が終わりましたらジャッキポイントを探しまして、そこの部分にジャッキで地面から離れない程度に軽く上げます。

そうしましたらホイールナットを少しだけ外して、タイヤを地面から離すようにジャッキアップしましょう。

地面から完全に離れたらホイールナットを取り外して、交換用のタイヤを取り付けます

ホイールナットを取り付ける時も外した時と同じように緩く締めていくことが重要であり、特にフロントタイヤは対角線上になるようにナットを締めてしていき、完全に締める時はタイヤを地面に付けてからです。

リアタイヤを交換する時も同じようにしますが、ホイールナットはたくさんありますので、しっかりと保管して、取り付ける時も取り外す時も一気に緩めたり、締めたりしないでください。

一つだけ締めすぎるといけませんし対角線上にすることが大切であり、間違った方向や斜めから締めないように身体をまっすぐにして行なうのもポイントです。

均等に力を入れて固定させてタイヤ交換が終了しますが、強く締めすぎてしまうとナットのねじの部分が破損したり、次に緩める時に大変だったりします。

ジャッキアップする時の注意点になりますが、車にあるジャッキポイントを探すのは当たり前ですが、地面も固くて平らなところで行なってください。

不安定な場所だととても危険であり、事故になる可能性があります。

大きいタイヤを交換するとなると少し大変になりますが、交換方法自体はどの車もほとんど変わらないので工具を揃えて慣れれば、それほど難しいものではありません。

手順を忘れずに順番に行なうことが重要であり、邪魔くさいからといって一つのナットだけ緩めたり、締めたりするとバランスがおかしくなりますから注意してください。

トヨタ・ヴェルファイアのタイヤサイズとサイズアップする場合の交換方法についてのまとめ

いかがでしたか?

ぜひ、自分に合ったタイヤのサイズを探してみてはいかがでしょうか?

さらにかっこいいヴェルファイアにしてみてくださいね。

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク