下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


トヨタ・ヴェルファイアを購入するなら改造も視野に入れたいところ。

今回はヴェルファイアに改造パーツとしてマフラーをつける場合や、カスタム内装と付属可能なカスタム仕様、またエアロパーツやインチアップホイールについてもご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアに改造パーツとしてマフラーをつける場合

引用:https://dressup-navi.net/parts/376/

ヴェルファイアは近年発売されたトヨタ自動車を代表するミニバンの1つになります。

道場の中でも、大型ミニバンになりアルファードと双璧をなす関係と言えるでしょう。

ヴェルファイアにおいては、もともとスポーツカーなどではありませんので改造パーツなどはそれほど多くありません。

しかしながら、改造している人はそれほど少なくないため改造パーツがそれなりに販売されているのが現状です。

ヴェルファイア土用波2番の場合には、どちらかと言えばエアロを重視するタイプが多くなります。

つまり、サスペンションやブレーキパッド等を変える人はそれほど多くなく、フロントスポイラーやサイドスポイラー等の取り付けに熱心な人が多い傾向なし。

何故かと言えば、そもそも走りを追い求める自動車ではないため目に見えないところはあまりこだわりません。

このように考えるならば、マフラーなどはエクステリアとは少し違った位置づけになるところです。

引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/

しかしながら、マフラーに関してはエクステリアの1つとして考える人も多いため、改造する人は比較的多い傾向です。

フラワー、音も変わりますが、爆音と言われるものをつけている人はあまり見かけません。

少しおとなしい感じの音にしていることが多く場合によってはほとんどノーマルと変わらないような音量のものもあります。

どちらかと言えばビジュアルが重視されているものですので、ノーマルのマフラーに比べてインパクトが高いものが利用されています。

実際に、四角いマフラーなどがよく売れているのが特徴と言えるでしょう。

もし、改造する場合には車検対応のものを選んだ方が良いです。

車検をパスするためには、途中でノーマルに戻さなければならないからです。

ただし、サイレンサーが入っている場合にはこの限りではありません。

車検を受けるときだけ出口にそれをつけていけば良いからです。

スポーツカーではありませんので、基本的に改造を施したからといってそれほどパワーをすることは見込めないでしょう。

どちらかと言えば、加速力がなくなる可能性があります。

太いマフラーの外には、低速域ではあまりパワーが感じられないようになるため3000回転よりも高い回転数で走行する必要があります。

当然オートマですので、高い回転すごく維持するためにはスポーツモードなどを利用しなければなりません。

特に、低速における加速力にそれほどこだわらなければ問題ないでしょう。

逆に、ある程度回転数を上げて走る場合にはパワーアップが多少なりとも見込めます。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのカスタム内装と付属可能なカスタム仕様

引用:https://vellfire.biz/mame/naiso.html

トヨタ・ヴェルファイアの基本内装は、フラクセンとブラックの2色です。

そして高級サルーンのコンセプトが活かせるように、様々なカスタムが用意されています。

カスタム内装として取り付けられるLEDイルミネーションは、ドアを開けた時に足下をブルーの光が照らします

そしてドアが閉まるのに合わせてゆっくりと減光していきます。

またスモールランプとも連動していて、淡い光が点ります。

その他にもはスライドドア開閉に合わせて足下を照らす白いライトや、ドアオープン時に点灯するスカッフイルミネーションがあり、LEDとセットになったものもあります。

内装には10灯のバルブが標準装備されていますが、これを高輝度のLEDに変更することが可能です。

室内の明るさはアップしますが、肌映りを考えて暖色系が採用されています。

基本のコンソールは一色ですが、カスタム仕様にするとアッパーパネルを黒あるいは茶のウッド調に変更可能です。

フラクセンの場合は茶で、ブラックの場合は同じく黒になります。

引用:https://bestcarweb.jp/feature/column/43129

またコンソール自体をアップグレードすることも可能で、保温冷庫が付いたシステムコンソールにできます。

カップホルダーのAと保温冷庫になっているB、コントロールパネルも兼ねた大型収納のCの3つに分かれています。

こちらもカスタムコンソールと同じようにウッド調に設えてあり、色も内装色に従って茶または黒です。

収納性をカスタムによって上げることも可能です。

センターにはフロントとリアそれぞれに収納ボックスを付けることができ、正面にはフロアコンソールも取り付けられます。

1個から付属できるオットマンは、通常では足が疲れないようにサポートの役割を持たせることができます。

その他足の裏あるいはふくらはぎを乗せる2パターンのフットレストと、リクライニングを合わせて4つの使い方ができます。

室内カーテンは遮光タイプのものとシンプルな形のものがあり、車内を独立した空間として使用しやすくなっています。

ラゲージスペースにはトレイを設置可能で、ハードタイプとソフトタイプがあります。

ハードタイプはトレイ状になっていて、濡れたものでも気にすることなく置くことができ、ソフトタイプには撥水加工が施してあります。

またラゲージアンダースペースにも水洗い可能なトレイを設置できますが、メーカーオプションとしてスペアタイヤを付けるのであれば左側のみ、なければ両方に設置することができます。

スポンサードリンク

ヴェルファイアをより一層魅力的にするにはエアロパーツやインチアップホイールが重要な鍵です

引用:https://toyota.jp/vellfire/exterior/

ヴェルファイアを購入して、そのままノーマルの状態で乗り続けることでも十分に存在感を出すことができますが、ノーマルではなくドレスアップを施して、より一層魅力ある存在に仕上げたいと考える方も存在しています。

このような方であれば、社外品パーツとして販売されているエアロパーツを取り付ける方法があります。

エアロパーツは複数のメーカーから販売されており、その情報はインターネット上で検索すると簡単に見つけることができます。

お近くに販売店が無いという環境の方でも、インターネット上では分かりやすくエアロパーツを装備したヴェルファイアの写真を掲載していることが多いので、安心感を持って通信販売でも購入できます。

取り付けについてはDIYで施工可能なパーツもありますが、純正パーツと交換するようなエアロパーツの場合、購入したインターネット上のショップで用意している施工店を利用することの他に、自動車ディーラーに持ち込みを行うことでも対応してもらえます。

次に見た目を大きく変えることに成功できるドレスアップ方法では、インチアップホイールを購入することも基本です。

ヴェルファイアは純正タイヤのサイズはフロントとリヤ共に235/50R18に設定されています。

インチアップホイールを購入する際には20インチのアルミホイールを購入して、扁平率を下げたタイヤを購入することが必要です。

ここで重要になる内容があり、純正タイヤの外周と差が出てしまうと問題が起きます。

走行距離数などを正確に標示させることができない場合もあり、車体のフェンダー部分からタイヤがはみ出している場合では完全に違法です。

そのため、外周を純正品と同じサイズにした上で大きなアルミホイールを履かせることが大切なことです。

実際にアルミホイールだけを交換しても、かなり自動車のイメージを変えることに成功でき、オーナーの感性を発揮させられる大切なパーツです。

オリジナル性も表現することができるので、エアロパーツと含めてベストマッチングのパーツを選び出すことがポイントです。

このようなドレスアップを行っていれば、同車種と比較しても優位性を感じることができる他に、世界に一つの自動車に仕上げることも不可能ではありません。

さらに、他のパーツを導入する方法もあり、専用パーツとして販売されている車高調整を導入すると、車高を自在に変えることを可能にしているので、本来の魅力をさらにアップさせることができます。

トヨタ・ヴェルファイアの改造パーツやカスタムのエアロパーツについてのまとめ

引用:http://kakaku.com/kuruma/used/spec/Maker=1/Model=30031/Page=2/

今回はヴェルファイアに改造パーツとしてマフラーをつける場合や、カスタム内装と付属可能なカスタム仕様、またエアロパーツやインチアップホイールについてもご紹介しました。

マフラーに関してはエクステリアの1つとして考える人も多いため、改造する人は比較的多い傾向です。

内装には10灯のバルブが標準装備されていますが、これを高輝度のLEDに変更することが可能で、室内の明るさはアップしますが、肌映りを考えて暖色系が採用されています。

ノーマルではなくドレスアップを施して、より一層魅力ある存在に仕上げたいと考える方であれば、社外品パーツとして販売されているエアロパーツを取り付ける方法がありますので、参考にされてください。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【トヨタ・ヴェルファイア】の人気カラーは何色?色見本を参考に!
【トヨタ・ヴェルファイア】後部座席と荷室容量や車中泊について
【トヨタ・ヴェルファイア】試乗した場合の試乗評価はどうか?
【トヨタ・ヴェルファイア】値引き相場についてはどうか?限度額はどのくらい?
【トヨタ・ヴェルファイア】改造パーツやカスタムのエアロパーツの詳細

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク