下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


トヨタ・ヴェルファイアの購入を検討されているなら知っておきたいのがアクセサリー。

今回はヴェルファイアの電源アクセサリーやアクセサリーソケットなど、おすすめのアクセサリーについてご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの電源アクセサリーについて

引用:http://gazoo.com/my/sites/0000986428/horibonpapa/Lists/Posts/Post.aspx?ID=364

ヴェルファイアには電源アクセサリーがあります。

100ボルトのコンセントのことです。

家庭にあるものと全く同じタイプですので、車内にいても一般の電化製品がそのまま使えるというのはありがたいでしょう。

車中泊をする場合や、オートキャンプを考えているような場合はなおのことです。

ただ、電化製品を十分に使いたいと考えているのであれば、ガソリン車ではなくハイブリッド車のほうを真剣に検討したほうが良いでしょう。

これは少し考えてみれば分かることですが、ガソリン車の場合、当然ながらエネルギー源としてはガソリンであり、これは電気とは別のものだからです。

もちろん、ガソリン車であってもクルマはいろいろなところで電気も必要です。

ライトに始まって、パワーウインドーやパワーステアリングなど、電気はかなり使われており、そのためのバッテリーも搭載されています。

引用:https://matome.response.jp/articles/1267

しかし、主要なエネルギー源がガソリンである以上、バッテリーの容量はさほど大きくは取られておらず、100ボルトのコンセントを使用する電化製品を十分に使うには少々力不足であるのは否めません。

一方でハイブリッド車の場合はこのようなことはありません。

ハイブリッド車もエネルギー源としてガソリンは重要であるのは言うまでもありませんが、それと同じくらいにバッテリーも重要なエネルギー源であり、同じバッテリーであってもガソリン車とハイブリッド車とでは容量が全く異なるからです。

ハイブリッド車であればパワーの必要な電化製品であっても十分に使うことが可能です。

具体的に言えば、ガソリン車の場合、コンセント1つあたりの容量は100ワットまでです。

言い換えれば1アンペアの容量までしか使えません。

ヴェルファイア車内で使いたいと思っている電化製品の仕様を確認してみましょう。

100ワット、1アンペアあれば、例えばCDラジカセなどは全く問題なく利用できるでしょうし、パソコンもまず問題はないでしょうが、例えば掃除機となるとハンディタイプのものでも厳しいかもしれません。

ましてやドライヤーなどはほぼ論外となることでしょう。

このような電化製品も含めて電源アクセサリーを存分に活用したいということを考えているのであれば、ガソリン車ではなくハイブリッド車にするべきです。

ハイブリッド車であれば、容量は100ワットではなく1500ワットにまで跳ね上がります

これは一般家庭のコンセントとほぼ遜色ありません。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのアクセサリーソケットについて

引用:https://cartune.me/notes/1FjPCZP9By

ヴェルファイアにはアクセサリーソケットがあります。

この名前の呼び方は人それぞれでしょうが、要するに100ボルト電源コンセントのことです。

かつて、クルマには100ボルト電源コンセントなど無いのが当たり前で、その代わりとなるものとしてシガーライターを利用した12ボルト電源があるというのが普通の仕様でした。

もちろん一般の電化製品をそのまま使うことはできず、12ボルト電源を利用できるような電化製品しか使えなかったわけです。

電化製品メーカー側でもそのことはよく分かっていて、クルマの中での利用も想定されるような製品の場合、12ボルト電源専用のケーブルなどが別売りされていることもあります。

ですが、ヴェルファイアの場合にはもうそのような心配をする必要はありません。

一般家庭と同じく100ボルトの電源コンセントが備え付けられており、普通の電化製品をそのまま車内でも使用することができます。

ただし、仕様やグレードによって使い勝手が結構異なりますので注意しておく必要はあるでしょう。

最も大きく異なるのは、ガソリン車かハイブリッド車かによる違いです。

ハイブリッド車の場合には大容量のバッテリーが搭載されていますから、100ボルト電源についてもいわば余裕がある形になっています。

一方でガソリン車の場合は、もちろんバッテリーは搭載されていますがあくまで補助的なものであり、車内で電気をふんだんに使うということはちょっと厳しくなります。

これは、アクセサリーソケット、つまりコンセントの数にも現れていますが、それ以上に気を付けないといけないのはその容量です。

というのも、コンセントの数だけを言えば、コンセントタップというか、いわゆるタコ足配線をするようにすればいくらでも増やすことができるからで、本質的な問題にはなりません。

引用:http://www.motordays.com/newcar/articles/imp-toyota-vellfire-20180223/

ですが、容量に関してはタコ足配線をしても増やすことはできません。

具体的には、ハイブリッド車の場合にはコンセント一つあたり1500ワットまで使うことができますが、ガソリン車の場合には100ワットまでしか使うことはできません。

車内で使うことが適切かどうかは別にして、ハイブリッド車の場合には例えばドライヤーとかオーブントースターのような電化製品も使うことができるでしょうが、ガソリン車の場合にはそうはいかないということです。

使いたい電化製品の取扱説明書などをみて、消費電力100ワット以下かどうかを確かめてから使うようにしましょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのおすすめアクセサリーをご紹介

引用:https://tesdra.com/vellfire-elz-gaisou-gazou

ヴェルファイアは、そのままでも十分な存在感と上質感がありますが、アクセサリーを追加装備すればさらにご自分好みにカスタマイズできます。

今回は、ヴェルファイアオーナーに人気で、存在感と上質感がアップするようなアクセサリーをいくつかご紹介します。

まず、手軽に装備できて上質な空間を演出できる「ドアスピーカーリングインテリアパネル ガーニッシュ鏡面カスタムパーツ」です。

何種類かありますが、おすすめは、鏡面仕上げの商品です。

こちらは、最初から両面テープが施工されており、貼るだけで簡単に取り付けられますので、アクセサリーカスタマイズ初心者の方でも安心です。

ヴェルファイアのために設計されているので、サイズ調整などの手間もありません。

素材は、錆や腐食に強いステンレス製で耐久性があり美しい光沢感です。

ちょっとしたカスタマイズではありますが、キラッと光る素材があると室内空間がぐっと上質な雰囲気になります。

価格も4,000円程度で手に取りやすくなっています。

同じようにお手軽に装備できて上質感がアップする商品がもう一つあります。

「ヘッドライトトリム ガーニッシュ メッキパーツ」です。

こちらは、室内ではなくボディに貼るパーツです。

こちらもステンレス製で耐久性があり、きれいな光沢があります。

絶妙な曲線を描くデザインになっており、ヘッドライトの横のラインに沿って両面テープ式になっているパーツを貼るだけで、お車を横から見た時にぐっと引き締まって洗練された印象に変わります。

もちろんヴェルファイアにぴったり合うように設計されています。

価格も同じく4,000円程度で販売されています。

存在感をアップさせたいなら、一番のおすすめはこちら「LED リフレクター 流れる シーケンシャル ウインカー テールランプ バックランプ ライト」です。

こちらの商品は、ヴェルファイア専用ではありませんが、対応車種の中に入っていますので装備可能です。

車後方に装備します。

そのままですとウィンカーを出した時は、チカチカと点滅ライトが光りますが、こちらを装備するとキラキラキラと光が左右に流れるライトも一緒に点灯します。

特に夜のお出掛けの際には、流れるライトの光が際立って愛車の存在感はかなりアップします。

夜間に目立つようになることで、思わぬ事故の防止にもつながります。

ウィンカーだけでなくブレーキにも連動します。

ブレーキ時には点滅せずに明るく光るようになっています。

価格は、6,000円前後となっています。

これらのパーツを愛車にプラスアルファしてみてはいかがでしょうか。

トヨタ・ヴェルファイアの電源やソケットなどおすすめのアクセサリーまとめ

引用:https://gaisya-suteki.com/vellfire-nenpi-10958

今回はヴェルファイアの電源アクセサリーやアクセサリーソケットなど、おすすめのアクセサリーについてご紹介しました。

ヴェルファイアには電源アクセサリーがあり、家庭にあるものと全く同じタイプです。

ソケットについても、一般家庭と同じく100ボルトの電源コンセントが備え付けられており、普通の電化製品をそのまま車内でも使用することができます。

おすすめのアクセサリーは、手軽に装備できて上質な空間を演出できる「ドアスピーカーリングインテリアパネル ガーニッシュ鏡面カスタムパーツ」。

最初から両面テープが施工されており、貼るだけで簡単に取り付けられ、アクセサリーカスタマイズ初心者の方でも安心ですのでぜひ検討されてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク