下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


トヨタ・ヴェルファイアの購入を検討されているなら、おすすめのオプションも知っておきたいところ。

今回は、ヴェルファイアに付けておきたいオプションや取り付けられるお勧めナビ、カスタムパーツについてご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアに付けておきたいオプション

引用:http://www.challengedrive.net/1test/TOYOTA/15VELLFIRE35.html

ヴェルファイアを購入するのであればオプションでウェルカムパワースライドドアをつけるのがおすすめです。

スマートキーで操作の予約をしておくと自動的に解錠されてパワースライドドアが開くように出来るのです。

出来れば両方向にスライドするドアにする方が望ましいと言えます。

ちなみにヴェルファイアぐらいのラグジュアリーのレベルのミニバンならば、両方の方向に開く電動スライドドアが取り付けられている方が小さい子供が乗ったり降りたりするのにも便利です。

中でも小さい子供がいるときには原則としてチャイルドロックをかける必要があるため、運転席からスライドドアを開けることが出来るようになっていることが安全性の面でも大切なことになります。

上位のグレードの場合は標準装備となっていますがXやSのグレードの場合はオプションとなるので注意が必要です。

そしてヴェルファイアは本革シートにして高級感を味わいたいところです。

本革シートにすると掃除が簡単ですし革のクッション性と滑らかさが運転による疲れを癒してくれたり、セットでAC電源が付いてきたりするなどのメリットがあります。

引用:https://autoc-one.jp/news/2210816/photo/0002.html

出来ればバックガイドモニターも付けたいオプションの1つになります。

車両が大きいことにも関係しているのですがミニバンは後ろにある障害物を目視しにくく、バックモニターが取り付けられていないと事故等を起こしやすくなってしまうのです。

車両に疵をつけたくないときや安全面に配慮したいときにはバックモニターを装備することは欠かせません。

後席ディスプレイも必要となってきます。

後部座席で小さい子供が渋滞で退屈しているときにDVDやテレビ番組が視聴することが出来ると非常に便利です。

そして運転するドライバーにとっても子供が騒いでいると操縦に集中することが出来ませんが、後方モニターでDVDやテレビ放送を見せておけば、子供がおとなしく乗車させることが出来ます。

レーダークルーズコントロールは時速100キロメートルまでであれば、先行している車両との車間距離を一定に保ちながら自動的に走行することが可能です。

一定の速度で走行することが出来るクルーズコントロールは、ほとんどのグレードで標準装備されていますが、スピードを自動的に調整することは出来ません

クルーズコントロールは先行している車両との車間距離が縮まってきた場合にスピードを自分で調整する必要があるのでレーダークルーズコントロールがあると役に立ちます。

高速道路でもクルーズコントロールだけだと気が抜けないためストレスや疲労を減らすためには必要となってくるのです。

スポンサードリンク

ヴェルファイアに取り付けられるお勧めナビ

引用:https://response.jp/article/2015/01/30/243028.html

絶大なる人気を誇るトヨタのミニバン、ヴェルファイアを購入しようと思う場合、どのオプションを付けようかと迷うものです。

ナビもそのうちの一つと言えるかもしれません。

仮にヴェルファイアを購入した後、できるだけ長く乗りたいと思っているなら、メーカーオプションの純正ナビがお勧めです。

もちろん、価格の面でやや高めではありますが、他の機能と連携できて非常に便利ですし、何と言ってもメーカー保証が付くためお勧めであると言われています。

またメーカー装着であるため、非常にきれいに収まり見た目が良いのに加えて、デザイン性にも富んでいると言えます。

このメーカーオプションの純正ナビで連携できる機能の中には、バックガイドモニターと呼ばれるものがあります。

これは、ハンドルの角度に合わせてガイド線が表示されるため、駐車する際に大変便利な機能であると言えるでしょう。

こうした連携機能は、社外ナビでは対応しないものとなっているため、これらの連携機能が使いたいという場合には、純正のものを取り付けるのがよいと言えます。

加えて、ディーラーのオプションには、3年間6万kmという保証が付いているため、一般に故障しやすいとされる2年目以降も安心して使用できるようにするためには、やはり純正ものもがよいと言えるでしょう。

ちなみに社外品の場合、一般に1年間の保証となっているため、故障時の修理費などを考えて純正品を付ける人も多いと言われています。

引用:https://u-sma.jp/alphard-0001/

もちろん、そこまでのお金をかけることはできないという人は、社外品のものを選ぶこともできます。

ヴェルファイアは何と言っても車内の空間が広いミニバンです。

そのような大空間にふさわしいものの中には、ヴェルファイア専用11型の製品があります。

専用にチューニングを施してある製品で、大きな画面と高品質の画像が特徴となっています。

専用取り付けキットがあるため、一体感を生み出すという点で優れた製品であると言われているのです。

また、お勧めの社外品の中には、やはりヴェルファイア専用とされる9インチモデルのものもあります。

これも、大空間に決して負けないくらいの迫力ある画面で映像を楽しめるようになっています。

しかも、これら社外品の価格と言えば、純正ナビと比較するとかなり安く取り付けられるようになっているため、金銭的にできるだけ安い価格で利用したいと思うなら、これら社外品を上手に活用することもできるでしょう。

スポンサードリンク

意外に豊富なカスタムパーツがあるヴェルファイア

引用:http://kakaku.com/item/K0000737345/catalog/GradeID=28693/

最近の高級志向ミニバンブームによってそれまで、高級車として不動の地位にあったラグジュアリーセダンのシェアが奪われているようです。

それまでセダンに乗っていた人も、アルファードとヴェルファイアの躍進により乗り換えるようになるほどになっています。

セダンにくらべ特に後部座席の車内空間の広さと快適性に優れる上に車自体の性能が向上した今、セダンに固執する意味はないのかもしれません。

こうした時代の流れと流行もあってか、それまでこうしたラグジュアリーセダンや流麗なクーペをベースにした、より豪華さと大胆さを持たせたカスタムを施した車、俗に言う「VIPカー」というカスタムカーのジャンルにもこうした高級志向ミニバンたちが積極的に参入するようになり、各所から様々なパーツやグッズが発売されています。

そしてカスタムカーの祭典東京オートサロンでもこうした高級志向ミニバンのカスタムが注目されるほどになりました。

特にカスタムを施さなくても、素性はもともと高級車としていますし、ディーラーで購入できる純正オプションパーツだけでもかなり豪華な仕上がりにできるヴェルファイアです。

しかし車が好きになるともっと個性を際立たせたくなるのも性という物で、それまでのVIPカーのノウハウをもって車高を下げられるダウンサスや、LEDを用い点滅パターンを持たせたテールウィンカーユニットなど、純正とはちょっと違うワンポイントを持たせるパーツがカスタム入門として幅広く出回っています。

そしてエアロパーツブランドも総力をあげて独自の個性を放つエアロパーツを製作して積極的に売り出していて、取り付けるだけで車の印象が一変してしまうほどのクオリティを持ったものも愛好家の間では人気です。

現在ではこうしたカスタム人気もあって、アルファード及びヴェルファイアのオーナーたちによる積極的な交流と愛車自慢が各地で行われるようになり皆、自分の愛車に独自のこだわりをもって大切にしていることもあり常に学びながら、どこか切磋琢磨しているように感じられます。

カスタムカーには本当に無限の可能性が秘められておりあらゆる車がカスタムベースとなる現代ではありますが、こうした用途にヴェルファイアが用いられるようになったことはこの車が、現代の憧れの存在となった証明であると言えるでしょう。

憧れの存在を手にする喜びと、それをさらに自分色に仕上げたいと追求するヴェルファイアのオーナーたちが今後も増えて、よりカスタムに対する人気は高まることと思われます。

トヨタ・ヴェルファイアのオプションやナビ、カスタムパーツについてのまとめ

引用:https://autoc-one.jp/news/2210816/photo/0004.html

今回は、ヴェルファイアに付けておきたいオプションや取り付けられるお勧めナビ、カスタムパーツについてご紹介しました。

ヴェルファイアを購入するのであればオプションでウェルカムパワースライドドアをつけるのがおすすめです。

仮にヴェルファイアを購入した後、できるだけ長く乗りたいと思っているなら、付けておきたいのがメーカーオプションの純正ナビ。

カスタムについてですが、それまでのVIPカーのノウハウをもって車高を下げられるダウンサスや、LEDを用い点滅パターンを持たせたテールウィンカーユニットなど、純正とはちょっと違うワンポイントを持たせるパーツがカスタム入門として幅広く出回っています。

購入を検討される方はぜひこの資料を参考にしてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!