下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


どの車も長く使うなら必ずしなければならないオイル交換ですが、トヨタのヴェルファイアの場合、オイル交換が必要な時期はいつになるのでしょうか。

今回は、オイル交換時期やオイル粘度を守る理由、そしてオイル交換にかかる費用についてご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのエンジン不調が発生する前のオイル交換が必要な時期とは

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/kazuya2432/10413890.html

ヴェルファイアを長年利用し続ければエンジン不調が発生してしまいますが、それが起こる前にオイル交換をしなければなりません。

主にエンジンオイルは、パーツの潤滑的な役割だけではなく、高温になり過ぎることを防いだり、内部を洗浄してくれたり、パーツの隙間を埋めてくれたりと、さまざまな役割を担っていまして、エンジンを動かすにあたって欠かせないものになります。

当然ではありますが、長時間動かし続けることによってエンジンオイルは酸化していき劣化しますので、役割をしっかりと全うできなくなります。

効果が低下し続けることだけではなく、放置したままでおくといつかはエンジンのパーツが破損するなど故障の原因にもなり、エンジン自体の寿命も短くなるでしょう。

故障や劣化する前、エンジン不調になる前にヴェルファイアのオイル交換が必要ですが、一般的な交換時期としましては3000kmから7000kmぐらいだと考えて良いかもしれません。

取扱説明書などに書いている推奨交換時期として記載されているのが半年や7500kmとなりまして、商用車のように毎日乗車したり、アイドリングが多かったり、悪路を走ったり、高速や低速走行が頻繁に発生したりすると劣化しやすいですから早めの交換が必要です。

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/twister_sxe10/45723333.html

しかし、ヴェルファイアのオイル交換時期はキッチリと決まっている訳ではないですので、新車だとエンジンを綺麗に保つために早い交換がおすすめで、3000kmを目安としましょう。

高速回転ができるエンジンを積んでいるグレードであれば、オイルが傷みやすいですから、もう少し早くても良いです。

新車ではなく、ある程度乗りこなしているヴェルファイアの場合ですが、こちらは5000kmから7000kmを目安としまして、そんなに頻繁に乗らない方は半年から1年程度で交換すると良いかもしれません。

もちろん人によって乗車時間は変わってきますので一概に時間は決められませんが、目安として覚えておいてください。

あまりにも放置しているとオイルが酸化して、その他の部分にも悪影響を与えますから乗車回数や走行距離が長いほど交換時期は早くなることは確かです。

定期的にオイル交換をすることにより、ヴェルファイアの性能を維持することが可能でエンジンやパーツを傷めません。

性能は確実に上がっていますので昔ほど頻繁に交換する必要もありませんが、いつまでも気持ち良く乗車するために必要なことになります。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのオイル量のオイル粘度を守る理由などについて

引用:https://www.taiyakan.co.jp/shop/fukuokahigashi/tech/showcase/420024/

ヴェルファイアのオイル量のオイル粘度について知らない人もいるかもしれませんが、メーカーの公式サイトを調べれば推奨の数字が記載されてます。

だけどユーザーの中にはエンジンオイルの量や粘度を守る理由について知らない人も多くて、どんな頻度でどうやって交換したらいいのかも知らない人も多いと思うので説明して行きます。

ヴェルファイアで現行の中古車で売られているタイプは2008年にモデルデビューした20系と2015年にフルモデルチャンジされた30系が殆んどなので、それについて説明します。

ヴェルファイア20系は2.4Lモデルと3.5Lモデルのエンジンの2タイプが発売されましたが、2.4L直列4気筒DOHCエンジンのオイルの量は4.1リットルで、オイルエレメントというフィルターをエンジンオイルと同時に交換した時には4.3リットルが推奨量とされてます。

また3.5Lモデルのエンジンが搭載されているV6DOHCエンジンのオイル量は5.7リットルで、フィルターをエンジンオイルと同時に交換した時には6.1リットルが推奨となってます。

2011年に発売された20系のハイブリッドモデルは2.4Lエンジンモデルの場合は、4.1リットルでフィルターと同時交換で4.3リットルが推奨と書かれています。

引用:https://www.goo-net.com/pit/shop/0400144/blog/36717

30系のヴェルファイアは2.5L直列4気筒DOHCモデルとハイブリッド直列4気筒DOHCエンジンプラスモーターモデルで4.0リットルで、フィルターと同時に交換した場合には4.4リットルのエンジンオイルが必要と記載されてます。

また3.5Lモデルの前期型V6DOHCエンジンは5.7リットルで、フィルターと同時交換した場合には6.1リットルが推奨量と書かれています。

30系工期もモデルではレクサスGS350に使用された2GR-FKSという高出力エンジンが倒産されていて、エンジンオイルの量は全モデルに比べて減って5.3リットルで、フィルターと同時交換で5.4リットルに大幅に減りました。

エンジンオイルは密閉されたエンジン内にあるとはいえ、徐々に蒸発して減少して行きます。

そのため走行すればするほど減るので、およそ1か月に1回ぐらいは量を調べる必要があり、減った分を補充して推奨の量をキープする事が必要です。

何故かと言うと少ない量で走行し続けるとエンジン内部のオイル成分が焼き付いて本来のエンジン性能が出せなくなって、最悪の場合は故障してしまうからです。

推奨オイル粘度は、オイルが蒸発しにくく持ちが良いというだけでなく、エンジンの性能を一番出せる濃度なので合わせた方が望ましいです。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのオイル交換とその費用について

引用:https://www.youtube.com/watch?v=0-HbXPBht4s

ヴェルファイアのオイル交換とその費用ですが、最近のクルマは昔に比べるとオイル交換をあまり必要としなくなってきていると言われています。

しかし、これは決してクルマの性能が上がったからではありません。

どんなにクルマの性能がアップしようと、エンジンを使って走る限りオイルは必須のものであり、また定期的な交換が必要であるのもやむを得ないことなのです。

そもそもオイルにはどんな役割があるのでしょうか。

最も重要なのは潤滑剤としての作用です。

エンジン内部では金属部品が高速で動いています。

当然ながら金属部品どうしがそのまま擦れ合うといろいろなマイナスが生じます。

摩擦によりまともに動かなくなるかもしれませんし、騒音も大きくなるでしょう。これを防ぐために潤滑剤としてオイルが求められるわけです。

また、錆を防止するという役割もあります。

オイルで薄い膜を作ることにより水や酸素から金属表面を保護し、錆が生じるのを防ぎます。

オイルの役割はこれだけではありません。

エンジン内部でガソリンが燃焼すると、どうしても燃え残りの不純物が発生してしまうのは避けられません。

これがエンジン内部に蓄積してはエンジンの効率は悪くなる一方です。

このような不純物をオイルに溶かし込んで取り除く効果も求められます。

このような複数の役割を高いレベルで果たすためにオイルは必須のものです。

そして、高温高圧になるエンジン内部でその役割を果たす以上、どうしても劣化してくるのは避けられません。

潤滑のためとか錆を防ぐ目的でも劣化は起こりますし、不純物を溶かし込む点などは明らかに限界があるというのは誰でも分かるでしょう。

だいたい、5000km走行ごとにオイル交換するのが一番安全と言われています。

本当は走行距離ではなくエンジンの回転数などを基準にするべきなのかもしれませんが、それを把握管理するのはあまりにも大変でしょうから、走行距離で考えるのが最も分かりやすいでしょう。

5000kmは最も安全な交換タイミングですが、多少引き延ばすとしても1万kmに1回は交換したほうが良いでしょう。

もちろんこれは目安であり、見た目で明らかにオイルが汚れていればもっと短い距離であっても交換したほうが良い場合もあります。

オイル交換の費用ですが、5000円前後と思っておけば良いでしょう。

ヴェルファイアの愛車の価値を保つということを考えれば決して高い金額ではないはずですから、定期的に交換したいものです。

ヴェルファイアのオイル交換時期や費用についてのまとめ

引用:http://dentgroovy.blog108.fc2.com/blog-entry-25.html

今回は、トヨタ・ヴェルファイアのオイル交換時期やオイル粘度を守る理由、そしてオイル交換にかかる費用についてご紹介しました。

ヴェルファイアのオイル交換時期はキッチリと決まっている訳ではないですので、新車だとエンジンを綺麗に保つために早い交換がおすすめで、3000kmを目安としましょう。

推奨オイル粘度は、オイルが蒸発しにくく持ちが良いというだけでなく、エンジンの性能を一番出せる濃度なので合わせた方が望ましいです。

少ない量で走行し続けるとエンジン内部のオイル成分が焼き付いて本来のエンジン性能が出せなくなって、最悪の場合は故障してしまいます。

オイル交換の費用は5000円前後ですので、この費用も購入の際の参考にされてください。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【トヨタ・ヴェルファイア】の人気カラーは何色?色見本を参考に!
【トヨタ・ヴェルファイア】後部座席と荷室容量や車中泊について
【トヨタ・ヴェルファイア】試乗した場合の試乗評価はどうか?
【トヨタ・ヴェルファイア】値引き相場についてはどうか?限度額はどのくらい?
【トヨタ・ヴェルファイア】改造パーツやカスタムのエアロパーツの詳細

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク