下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


高級ミニバンのトヨタ・ヴェルファイア、購入に踏み切る際にローンを選択される方も多いでしょう。

今回はローンを組みたい方のために考えるべき点や、おすすめの残価設定型ローン、またヴェルファイアの維持費はどれくらいなのかについてもご紹介します。

スポンサードリンク

ローンを組んでトヨタ・ヴェルファイアを購入する場合に考えるべき点

引用:http://www.challengedrive.net/1test/TOYOTA/16-VELLFIRE_35ZA-G.html

トヨタが発売している大型ミニバンのヴェルファイアは、最も低いグレードで装備を簡素にしたとしても価格が300万円を超える車種であるため、一般のサラリーマンや公務員であれば購入時のローンの利用は必須といえるでしょう。

ローンを組んでヴェルファイアを購入する際にまず考えるべき点は、申込先をディーラーと金融機関のどちらにするかです。

一般的に、ディーラーで申し込む場合は、購入時にその場で担当者が手続きをやってくれるため申し込みが簡単なことと、新車を担保とするため審査が通りやすいことが利点である反面、支払いが完了して所定の手続きを終えるまでは所有権が留保されたままであり、いつでも車両を引き上げられるリスクがあるのが欠点といわれています。

これに対して金融機関を利用する場合は、金利が低い点や購入する車を決定する前に仮審査に申し込める点、交通傷害保険をはじめとする特典がつく場合があることが利点ですが、申し込み可能な条件が厳しくて審査も厳格な点や、必要となる書類の量が多く、ケースによっては融資実行後にも提出を求められることもある点などといったデメリットもあります。

このように、ディーラーを選択する場合も金融機関で申し込む場合も利点と欠点があり、それを考慮して申込先を選択する必要があります。

引用:https://iketel.xyz/vellfire_pricesize

ディーラーローンでは、さらに通常型と残価設定型のどちらにするかも選ばなければなりません。

どちらも購入後は代金に金利手数料を加えた金額を支払っていくことになるのは変わりませんが、通常型は支払総額を所定の回数で分割して支払っていくのに対し、残価設定型は3~5年後の想定下取り価格を残価とし、最後の支払いを迎えるまでは残価を除く部分を返済していきます。

もし、走行距離や損傷の程度が特約で定められている範囲内におさまっていれば、最終回は支払いなしで新車への乗り換えや車両の返却ができますが、範囲を超えている場合は一定の料金を支払わなければなりません。

残価設定型では乗り方をある程度制限されるので、自由にヴェルファイアを乗りたいと考えているのであれば通常型を選ぶか、金融機関から融資を受けたほうが良いです。

なお、ディーラーローンも金融機関のマイカーローンも、安定した収入があれば頭金無しで利用することができます。

しかし、頭金を用意しておくと、返済に伴う金銭的な負担が軽減されるほか、金融機関によっては適用金利を下げることができるメリットがあります。

頭金は購入費用の1~3割程度に相当する額があれば十分なので、余裕があるなら用意しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアを残価設定型のローンで購入する

引用:https://vellfire-y.com/

日本は自動車製造に関しては世界トップクラスで、台数だけではなくその質の高さにも定評があります。

トヨタは世界的に知名度が高く、多くの国で利用されているメーカーです。

特にハイブリッドカーのプリウスは世界に衝撃を与えた画期的な車の一台です。

わずかなガソリンでも長距離を走行することが可能で、その燃費はリッターあたり30キロメートルを超えます

この低燃費は海外の車では考えられない数字です。

プリウスだけではなく、砂漠地帯や密林地域ではランドクルーザーが大活躍しています。

砂漠地帯や密林地域はエンジントラブルなどで足止めしてしまうと生死にかかわります。

なので、信頼できるエンジンと高い走破性能が求められます。

この二つを高いレベルで満たしているのがランドクルーザーです。

引用:http://www.kspec.jp/silkblaze/catalog/aero/minivan_lip/vellfire_30_kou/index.html

そのほかにもトヨタは画期的で機能性が高い車種をたくさん生み出しています。

その代表的なものがハイエースです。

ハイエースは海外の窃盗団に狙われるほど人気車種で、仕事で活躍する優秀な車です。

耐久性が高いエンジンを積んでいて、故障は少ないです。

荷物を積むスペースはたくさんあり、工事現場などを見るとハイエースがたくさん止まっています。

このことからも分かるように、現場仕事では欠かせない車種なのです。

家族サービスをしたいのであればヴェルファイアがお勧めです。

ヴェルファイアは高級ミニバンの代表格で、抜群の乗り心地を誇ります。

車酔いする心配が少ないですし、低重心で天井が高いので圧迫感が無いです。

車内はとても広く、リラックスできる空間が広がっています。

気になるのは料金ですが、グレードの高いモデルやオプションをたくさんつけると500万円~600万円近くの金額になります。

この金額を一括で支払える人はそこまで多くは無いと思うので、残価設定型のローンで購入するのがお勧めの方法です。

この方法であれば、3年後に残りの金額を支払うかどうかを決めることが出来ます。

3年ごとに新車に乗り換えたいという人はこの残価設定型のローンで購入するのが一番よいです。

自動車は家の次に高価な買い物なので、簡単に決めてしまわないで、ゆっくりと検討する方が良いです。

衝動買いで購入してしまったり、勢いで買ってしまうと後で後悔することもあるので注意してください。

しかし、欲しい車が明確にあり、必要不可欠な状況であれば思い切って残価設定型のローンを利用して購入するのも悪くはないでしょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアを所有する際にかかる維持費はどれくらいなのか

引用:http://dynasty.ne.jp/aero/identity/vellfire/

維持費は、どんなタイプの自動車を購入するとしてもユーザーにとって大変に気になる点の一つですが、トヨタ製の人気車種の一つである「ヴェルファイア」の場合はどの程度かかるのでしょうか。

ヴェルファイアの維持費はグレードや装備、購入後のユーザーの使用方法などによって大きく変わります。

維持費として代表的なものである税金、保険料、各種代行手数料の3つについて述べると、まず税金についてはヴェルファイアは排気量が2,500~3,500ccなので自動車税は1年間で45,000~58,000円かかりますが、2.5Lのハイブリッドモデルを選択した場合は購入した年度の翌年度分に限り75%、金額にして33,500円減免されて11,500円になります。

自動車税は4月1日の時点で新車登録から13年が経過すると、負担しなければならない金額が増えるので、買い替える際には注意が必要です。

次に自動車重量税について述べると、税額計算のもととなるヴェルファイアの車両重量は1,920~2,260kgとなっています。

通常この重量の車両に対して課税される自動車重量税は年額換算で10,000~12,500円ですが、初回納付分についてはハイブリッドモデルは免税となり、それ以外のモデルも25%減税の対象となっているため税額は7,500~9,300円になります。

重量税も初度登録から13年が経過すると税額が増え、18年が経つとさらに増える仕組みがとられているので、長く乗り続けるつもりがないのであれば税負担が増えないうちに別の車両に買い替えるようにしましょう。

保険は、自賠責保険の場合は新車登録時は37ヶ月で加入するため36,780円を、初回の継続検査以降は保険期間が24ヶ月へと変わるため25,830円を負担します。

任意保険は補償内容や盛り込む特約の種類、加入者の年齢などで保険料が変わり、車両保険など一般的におすすめとされる補償内容を盛り込んだ場合だと損害保険会社によっては年間で十数万円にもなります。

もし、示された保険料が高いのであれば、車両保険をエコノミータイプにしたり、特約を一部外すなどして調整すると良いです。

日頃車検を業者に任せている場合は、車検の代行手数料も維持費に含まれます。

ヴェルファイアクラスの車両の代行手数料は、定期点検整備料や検査料、車検証更新手数料などをすべて含めると3万円前後が相場で、法定費用を含めると1回の車検で10万円前後の出費となります。

ヴェルファイアの残価設定型ローンや維持費についてのまとめ

引用:https://www.digimonostation.jp/0000132713/

今回はローンを組みたい方のために考えるべき点や、おすすめの残価設定型ローン、またヴェルファイアの維持費はどれくらいなのかについてもご紹介しました。

ローンを組んでヴェルファイアを購入する際にまず考えるべき点は、申込先をディーラーと金融機関のどちらにするかです。

頭金を用意しておくと、返済に伴う金銭的な負担が軽減されるほか、金融機関によっては適用金利を下げることができるメリットがあります。

頭金は購入費用の1~3割程度に相当する額があれば十分なので、余裕があるなら用意しておくと良いでしょう。

残価設定型のローンは3年後に残りの金額を支払うかどうかを決めることができ、3年ごとに新車に乗り換えたいという人はこの残価設定型のローンで購入するのが一番よいですので参考にされてください。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【トヨタ・ヴェルファイア】の人気カラーは何色?色見本を参考に!
【トヨタ・ヴェルファイア】後部座席と荷室容量や車中泊について
【トヨタ・ヴェルファイア】試乗した場合の試乗評価はどうか?
【トヨタ・ヴェルファイア】値引き相場についてはどうか?限度額はどのくらい?
【トヨタ・ヴェルファイア】改造パーツやカスタムのエアロパーツの詳細

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク