下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


高級ミニバンのトヨタ・ヴェルファイア、その車体の大きさからどうしても運転しにくいイメージが付きまといますが実際のところはどうなのでしょうか。

今回はヴェルファイアが運転しやすい車なのかどうかについてお話するだけでなく、自走ブレーキ技術や横滑り防止機能についてもご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアは運転しやすい運転しにくいどちらが本当か

引用:https://vellfire.biz/mame/naiso.html

ヴェルファイアは運転しやすいとも運転しにくいとも言われることがあり、どちらが真実なのかと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

一番確実なのは試乗をして決めることですが、試乗だけではわからない部分もありますから、どのような部分が運転しやすいと思われていて、逆にどんなところが運転しにくいと思われているのかを知っておくと役に立ちます。

まず、ヴェルファイアの運転しやすいポイントですが車高があるので遠くまで見通すことができるため、周囲の状況を把握しやすくスムーズな運転をすることができます。

見通しの良い場所だと車の高さは低くても高くても関係はありませんが、都市部などでは少し先を見ることができるかどうかは運転をする上で大きな影響が出てきます。

先のほうが見えないと状況に合わせた運転をすることが難しくなり、逆に先の状況が把握できていれば早めの対処ができるので運転しやすくなるというわけです。

次にヴェルファイアの形状は四角いことから、車体の大きさの割に車両感覚をつかみやすいという利点があります。

車体の大きさほど取り回しが難しいということがないので、大きさに対しては運転がしやすいと言えるでしょう。

引用:https://tesdra.com/vellfire-syunou-untenseki

それでは運転しにくい部分はどの辺になるかと言えば、最初にあげられるのはやはり車体の大きさになります。

車両感覚がつかみやすいと言っても、軽自動車やコンパクトカーと比較をすればかなり大きいことは間違いなく、運転が苦手な人からすれば、車両の大きさの時点で運転しにくいと感じてしまう部分は少なくありません。

死角が多いというのも欠点となっていて、車高があって遠くを見渡すことができる一方で、車両の近い位置だと死角が多いという問題があります。

バックカメラやセンサーがあるにしても、目視できる部分が少ないというのは運転をしていて不安になってしまうものです。

車高があるということは利点もある一方で、バランス面では不利になってしまい普通に走っている分にはそれほど影響はありませんが、頻繁に峠道を走ることが多い人は安定性の面が気になることもあります。

峠道だけでなく高速道路のように真っ直ぐな道を走る場合であっても、風の影響を受けやすいという問題があるため、強風時には風の影響を受けにくい車と比較をすると運転しにくい部分があることを覚えておきましょう。

結論としてはメリット・デメリットがあり、運転しやすいと感じる部分を重視するかしにくいと感じる部分を重視するかで評価が変わってきます。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの安全性を支える自走ブレーキ技術

引用:http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-727.html

トヨタ自動車が2005年に高級車型ミニバンとして製造したアルファードを、一般販売してもよいようにフルモデルチェンジして2008年に開発されたのがヴェルファイアです。

アルファードの特徴だった広い居住空間に座りやすい座席をそのままに、ヴェルファイアはトヨタ系列のネッツ店の主力商品であるヴォクシーのクリアタイプのコンビネーションレンズを採用しているのが特徴になります。

そんな2008年に販売開始したヴェルファイアですが、2017年から2018年の最新モデルがリニューアルされその特徴として安全性の向上が前面に押し出されているのです。

その最新式ヴェルファイアの安全性の特徴として挙げられるのが、近年の車のニーズとして広まりつつある自走ブレーキ技術になります。

自走ブレーキ技術とは、エンジン内部に特定の情報の入力したデータチップを搭載することによってその入力した情報が起きた時に運転手の反応が遅れた時に自動でブレーキをアシストしてくれる機能になります。

1990年代後半から一般販売される車の多くは、自身でシフトチェンジするマニュアル車からチップを搭載して自動で行ってくれるオートマチックが主流となっているのです。

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/419858/car/407489/757309/note.aspx

オートマチックになることでシフトチェンジだけでなく坂道での運転が手軽になったのですが、その反面としてアクセルとブレーキを踏み間違いやフットブレーキを忘れたことによる前進といった運転手の不注意による事故が増えてしまいます。

そこでヴェルファイアには安全性を支える自走ブレーキ技術を搭載し運転手が走行しやすいようにしたのですが、その技術というのがプリクラッシュセーフティシステムとインテリジェントクリアランスソナーです。

プリクラッシュセーフティシステムは車体に新しく搭載した単眼カメラとレーダーの2つのセンサーを利用し、前方の障害物との距離が近いと判断した時に警報音を鳴らして注意を促します。

その注意が間に合わない場合と判断したときに、運転手がブレーキをかけた時にこのシステムがより強くブレーキ機能を働かせるので衝突のリスクを減らすのです。

仮に踏めなかった場合でも、車が判断して自走ブレーキを押すので衝撃の軽減をおこないます。

インテリジェントクリアランスソナーは、近年事故として増えているアクセルとブレーキを踏み間違いで急発進をしたときに、運転手と前方の人々に注意を促せるように強い音を鳴らします。

さらにセンサーで衝突しそうになった時に、自動的にエンジンを抑制したり、ブレーキをかけたりして衝突を予防するのです。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの横滑り防止機能について

引用:https://www.car-review.net/vellfire_0001_03.html

ヴェルファイアは大型の5ドアミニバンで駆動方式はFFと4WDの2種類があります。

フロントマスクに上下2分割のヘッドライトを採用しており、力強さや先進性を感じさせる先鋭なデザインとなっています。

車両重量はおよそ2トンで、様々なタイプが存在します。

ヴェルファイアの横滑り防止機能はカーブを曲がる際に車が外側へ膨らむのを防ぎます。

また内側に巻き込む挙動を防止して走行を安定させることができます。

この機能の名称は自動車メーカーによって異なりますが、部品メーカーなどからはESCに一本化しようという主張も見られます。

ヴェルファイアの横滑り防止機能は車両安定制御システム、略してVSCが正式名称です。

この機能があると滑りやすい道路でも安定してカーブを曲がることができます

特に車体重量が2トンを超えるような大きな車の場合、安全に走行するために横滑り防止機能が効果を発揮します。

横滑り防止機能を備えた車は様々な場所にセンサーが取り付けられています。

このセンサーがアンダーステアやオーバーステアを感知します。

アンダーステアとはカーブを曲がる際に外側に膨らむことです。

逆に内側へ巻き込むことをオーバーステアと呼びます。

車が不安定な状態になるとセンサーが感知してコンピュータに情報を送ります。

コンピュータが即座に計算を行い、ブレーキとエンジンの回転数を自動で制御する仕組みです。

車を運転するドライバーが危険を感じると同時にコンピュータがブレーキやエンジン出力を制御します。

瞬時に安定した状態を回復することができます。

この機能はABSと連動することで大きな効果を発揮します。

サーキットを走るスポーツカーは車体を敢えて横滑りさせるドリフトと呼ばれる走り方をしますが、一般道で車体が横滑りするのは非常に危険です。

横滑りを防ぐ機能を備えていれば、どのような道でも安心して走ることができます。

ヴェルファイアには横滑りを防ぐ機能の他にもトラクションコントロールシステムが搭載されています。

このシステムはタイヤの空転を防止して駆動力を制御します。

スムーズで安全な加速が可能になるシステムです。

横滑りを防止する機能とは目的と役割が異なりますが、両方を備えればより安全に運転できます。

ヴェルファイアは車体重量がおよそ2トンと大型です。

しかし横滑り防止機能やABS、トラクションコントロールシステムを備えているため安全に運転することができます。

トヨタ・ヴェルファイアの走りやすさや自走ブレーキ技術・横滑り防止機能のまとめ

引用:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000737343/SortID=20658654/

今回はヴェルファイアが運転しやすい車なのかどうかについてお話するだけでなく、自走ブレーキ技術や横滑り防止機能についてもご紹介しました。

ヴェルファイアの形状は四角いことから、車体の大きさの割に車両感覚をつかみやすいという利点があります。

しかし、軽自動車やコンパクトカーと比較をすればかなり大きいことは間違いなく、運転が苦手な人からすれば、車両の大きさの時点で運転しにくいと感じてしまう部分は少なくありません。

そこで安全性を支える自走ブレーキ技術を搭載し運転手が走行しやすいように、そして横滑り防止機能でカーブを曲がる際に車が外側へ膨らむのを防ぎ、また内側に巻き込む挙動を防止して走行を安定させることも可能になりました。

大型車の運転に苦手意識がある方でも挑戦しやすい車ですので、ぜひ購入を検討されてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!