下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


トヨタ・ヴェルファイアはLLクラスのミニバン、そのために機械式駐車場に入れることができるのか心配なユーザーも多いです。

今回はヴェルファイアの車体の外寸や機械駐車場に入るのかどうか、またよく利用される外装パーツについてもご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの車体の外寸は大きめ

引用:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000737343/SortID=20575733/ImageID=2677457/

ヴェルファイアのボディの外寸はハイブリッド車とガソリン車でほとんど大きな差はありません。

ところが車両の重量についてはハイブリッドシステムを載せている分だけ、ハイブリッド車の方が重いです。

外寸の全長は4メートル93センチから4メートル93センチ5ミリとなっています。

そして外寸の全幅は1メートル85センチで、外寸の全高はガソリン車の場合は1メートル88センチから1メートル95センチまでですが、ハイブリッド車の場合は1メートル89センチ5ミリから1メートル95センチまでです。

ホイールベースはガソリン車もハイブリッド車も3メートルとなっています。

ガソリン車の車両重量は1920キログラムから2100キログラムでハイブリッド車の車両重量は2090キログラムから2220キログラムです。

そしてヴェルファイアのハイブリッド車とガソリン車では車内のスペースの広さに差はありません。

装備も同じグレードであれば、ハイブリッド車もガソリン車も同じシートが搭載されます。

ヴェルファイヤの使用を比べてみるとエンジンそのものは3.5リットルのガソリン車の最高出力が最も高いですが、モーターの出力を最高出力に合わせると、ハイブリッド車が1番パワーがあるモデルとなります。

その上に、ハイブリッド車は加速する性能が優れているだけではなく、電力による4輪駆動システムも搭載しているため走行性能をトータルで考えるとV6エンジンを搭載したガソリン車に相当する能力を発揮するのです。

引用:http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-728.html?sp

エンジンは2.5リットルのガソリン車と2.5リットルのハイブリッド車では直列4気筒DOHCを搭載していて3.5リットルのガソリン車ではV型6気筒DOHCを搭載しています。

最高出力は2.5リットルのガソリン車の場合毎分6000回転で134キロワットで馬力に換算すると182PSです。

3.5リットルのガソリン車の最高出力は毎分6200回転で206キロワットで馬力に換算すると280PSになります。

2.5リットルのハイブリッド車の最高出力は毎分5700回転で112キロワットで馬力に換算すると152PSと少な目ですが、フロントモーターの最高出力が105キロワットで馬力に換算すると143PSになるので合算するとかなり出力が高まるのです。

ヴェルファイアは車体の重量が重いためハイブリッド車だけではなくガソリン車も燃費性能が良いという訳ではありません。

しかしヴェルファイアに乗っている利用者のほとんどは、燃費性能については最初から割り切った上で購入を決めていることがほとんどなため、悪い評価を下されているという訳では決してありません。

スポンサードリンク

ヴェルファイアと機械駐車場について

引用:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000737343/SortID=20575733/ImageID=2678299/

ヴェルファイアを機械駐車場に停めようとしている場合、そこに収まるサイズであるかどうかはしっかりと確認しておくようにしましょう。

普通のモータープールのようなところに駐車するような場合は、多少サイズが大きくても何とかなってしまうことが多いですが、機械駐車場の場合には厳密にサイズが決まっており、それを超えるようなクルマは停めることができません。

無理に入れようとするとクルマと駐車場の両方にとって傷つけることになったり、故障したり、さらには危険でさえあるかもしれません。

当然ながらサイズで最も気になるのは全長と全幅でしょう。

ヴェルファイアの場合、全長は4935mm、全幅は1850mmです。

これはグレードによる差は全くなく、全てのグレードで同じです。

このクルマは当然ながら大きなサイズなのですが、実は桁外れに大きいという訳では決してありません。

この全長と全幅であれば、かなりの機械駐車場に収まるサイズのはずです。

ただ、問題は全長と全幅だけではありませんから注意が必要です。

機械式の駐車場の場合、全高もまた重要なサイズになるはずです。

ヴェルファイアの全高は1950mmです。

これもクルマの中でずば抜けて高いというわけではないのですが、全長や全幅とは異なり、これは多くの機械式の駐車場に収まるサイズだとは残念ながら言えません。

一般的な駐車場では、例えば全高は1550mmまでなどとなっていることが多く、いわゆるハイルーフ車不可とされているような駐車場には停めることができませんので、この点は特に注意しておく必要があるでしょう。

ただし、いわゆる特注レベルの駐車場でないと無理かというと決してそんなことはありません。

ハイルーフの車は最近では決して珍しいものではなく、例えば全高2100mmまでは停めることのできる駐車場というのも十分にあります。

このような駐車場であればヴェルファイアであっても問題なく駐車することができるでしょう。

引用:https://cartune.me/notes/JImjQ3ZklY

機械駐車場に関して、もう一つ気を付けて欲しい点があります。

それは重量です。

これも露天のモータープールの場合には関係ないことですが、機械式の場合、サイズもさることながら重さについても制限があるのはある意味で当然です。

ヴェルファイアでは、グレードにより若干の差異はありますが、だいたい2500kg程度にはなります。

これは乗用車にしては相当に重いほうであるのは間違いありません。

この重さが許容範囲内かどうかも併せて確認しておきましょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアでよく利用される外装パーツ

引用:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000737343/SortID=20575733/ImageID=2678300/

ヴェルファイアは、大型のミニバンですが様々の改造パーツが発売されています。

改造パーツといっても、スポーツカーなどとは異なり走りに関する数がそれほど多く販売されていません。

例えば、コーナーリングを素早く曲がるためのパーツなどはあるかもしれませんがほとんど流通していないに等しいです。

何故かと言えば、販売しても売れないからでしょう。

ただ、マフラーなどに関しては見た目を重視する人が購入するため様々なタイプが発売されています。

本来であれば、パワーアップや音量を大きくするための方法ですがヴェルファイアを所有する人にとっては非常に魅力的なパートと言うでしょう。

外装では、フロントグリルなどを改造する人も多いです。

やはり、ノーマルのものでは他の自動車と同じくなってしまうため、少し目立つために他の種類のものを利用するわけです。

これにより、他とは違った自動車になります。

ホイールなども、エクステリアを演出するためには非常に重要なものです。

多くの人が1番最初に手を加えるのがホイルといっても過言ではない位よく変更されています。

もちろんそのことをトヨタ自動車も知っていますので可能な限りかっこいいノーマルホイールやオプションで魅力的なホイールを発売しています。

ですが、あえて社外品に手を出す人も多く様々なお店で販売されているのはやはり他の人と違ったものを手に入れたいといった欲求が強いことでしょう。

少しでも自動車を大きく見せるためには、インチアップをする必要があります。

中には、21インチまで大きくしていると思いますがその分お金がかかることを知っておかなければなりません。

ホイールのサイズで言えばインチを1つあげるだけで1本10,000円位の差額が出てしまいます。

タイヤセットになると350,000円を超える位の料金になることも珍しくないでしょう。

それ以外でよく手が加えるところはフロントスポイラーやサイドスポイラーなどになります。

まるで重心を下げたかのように自動車が引き締まって見えるのが特徴であります。

風の抵抗などを考慮して作られたものもありますが、やはりスポーツカーなどとは違いサーキット場なのに出て高速域を走行する人は少ないため実際にどれほど風の抵抗に重要なのかはそれほど重要ではありません。

それぞれ100,000円位の金額がかかることもありますが、もう少し安く手に出ることも可能です。

メーカーによって金額体が大きく異なることがありますので、よく確認しておくことが必要でしょう。

トヨタ・ヴェルファイアの車体の外寸やよく利用される外装パーツのまとめ

引用:https://cartune.me/notes/7qyNS6bK7c

今回はヴェルファイアの車体の外寸や機械駐車場に入るのかどうか、またよく利用される外装パーツについてもご紹介しました。

ヴェルファイアの場合、全長は4935mm、全幅は1850mmで、当然ながら大きなサイズなのですが、実は桁外れに大きいという訳では決してありません。

この全長と全幅であれば、かなりの機械駐車場に収まるサイズのはずですのでご安心ください。

外装パーツについては、多くの人が1番最初に手を加えるのがホイルといっても過言ではない位よく変更されています。

タイヤセットになると350,000円を超える位の料金になることも珍しくないでしょう、購入の際の参考にされてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク