下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


最近噂になっているトヨタ・ヴェルファイアのモデルチェンジ、ファンにとってはなるべく新型を早めにチェックしたいところ。

今回はトヨタ・ヴェルファイアのモデルチェンジの最新情報や時期の予想についてご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのモデルチェンジの情報はまだ予想段階

引用:https://car-moby.jp/222729

ヴェルファイアは2015年に現行モデル後登場して、現在のモデルは3代目となります。

2017年末にマイナーチェンジを行いました。

もともと人気のある車種ですが、マイナーチェンジでもその人気から納車待ちの期間が数か月待ちになるなど、なかなか根強い人気を誇っていることがわかります。

そんなヴェルファイアですが、フルモデルチェンジは2020年ごろが予想されています。

これは、これまでのサイクルから考えると、大体その時期になるということが根拠です。

多くのサイトや雑誌に書かれていますし、個人が運営しているサイトでも雑誌社で運営している所でも、大体この時期に近い予想がなされています。

まだ現行モデルもマイナーチェンジがなされたモデル中盤の時期ですから、まだ新しい次期型の情報は予想の域を超えていません。

具体的な情報がトヨタから出ているわけではないので、まだ予想段階だからです。

引用:https://clicccar.com/2017/12/28/543915/

ただ、予想もこれまでの傾向や最近のトヨタのモデルチェンジ事情を考えてなされているので、中にはなるほどと思える情報もあります。だんだんと次期型の発表時期が近付くにつれて情報量も多くなっていくはずなので、確認していくと正確なことを知る機会を得られるかもしれません。

ヴェルファイアは人気の車種であり、リセールバリューも高いのが特徴です。

現行モデルのマイナーチェンジ前の前期型についても大きく寝落ちしたわけではありません。

ただ、それでも新しい物が出ると古い物の価値が下がりますので、下がっていることは事実です。

マイナーチェンジはフルモデルチェンジに比べて変更点が少ないのもあって、価値の変動は小さいですが、フルモデルチェンジでは大きな変更がなされるため、中古車市場でも古い方は価格が下がります

そのため、古い型のヴェルファイアでも良いと考えている方にとっては、この時期は狙い目となります。

古いタイプでもモデル後期の物は数年しかたっていないので新しくて状態も良い車体が多いため、値段の割に満足できる車を手に入れることが可能です。

中古車の情報は多くのサイトで取り扱っていて、ヴェルファイアのような人気車種は当然扱われています。

モデルの正確なカタログスペックも観られるようになっているなど、購入したい人が検討するのに参照すると役立ちます。

ヴェルファイアは人気の高い車種であるため、少なくとも次期型が出ないということはないでしょう。

モデルによっては統廃合によってなくなることがありますが、こちらに関してはそれがなされるという予想はありません。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのモデルチェンジの予想について

引用:https://kakakumag.com/car/?id=11653

ヴェルファイアはアルファードの姉妹車で、高級ミニバンとして人気があります。

現行は3代目のモデルで、アルファードとともにモデルチェンジしています。

また、こちらもアルファードと同様に2017年の12月にマイナーチェンジを行いました。

これまでの傾向では、ベルファイアとアルファードのフルモデルチェンジのサイクルが6年から7年ほど、マイナーチェンジが行われるのがモデル中盤というのが相場でしたので、次のフルモデルチェンジの予想は2020年、2021年頃と予想されています。

多くの情報サイトや車雑誌などでこのように考えられているため、その可能性は高いでしょう。

これは適当な予測に基づくものではなく、これまでのトヨタの傾向や他社のモデルチェンジの状況などを基にして考えられたものであるため、ある程度当たる可能性は高いです。

購入を検討している方は、この時期も考えておいた方が良いでしょう。

考えておいた方が良い理由は、せっかく新しい車を買っても、すぐに新しいモデルが出てきてしまえば損をしてしまうからです。

新車が発表されるとそれまでのモデルは在庫限りの取り扱いとなりますが、その場合はすでに新しいモデルが発表されているため、割引率も高くなりお得です。

しかし、発表前に買ってしまうとその恩恵を受けることはできません。

新車で買うと現行モデルも高い値段がしますし、そう頻繁に買い替えることができな人が多いでしょうから、タイミングをきちんと考えることは重要となります。

引用:https://bestcarweb.jp/news/newcar/1741

2019年ころに新車を買いたいと考えている場合は、少し待った方が良いでしょう。

1年くらい前になると、情報が集まってくるので正確なモデルチェンジの予想が出てきます。

そうなれば、今のモデルを買うのか次のモデルを買うのかを検討することができるようになります。

また、正式に発表された後は現行モデルが大幅に割引してもらえる期待が持てますので、現行モデルでも良いと考えている方でも発表後に買った方がお得になります。

数か月の差で大きな金額の差が生じるのであれば、少し待ってからの方が良い洗濯です。

ヴェルファイアの次期型にはトヨタのTNGAプラットフォームが採用されるなどの情報がありますが、この点に関しては現状では不透明です。

ただ、ここ最近のトヨタの傾向を分析すると、専用のプラットフォームが採用される可能性は高いですし、先進装備や安全装備もより充実していくことが予想されます。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのモデルチェンジの時期の予想は2020年

引用:https://cargeek.jp/934

ヴェルファイアは、トヨタのアルファードと姉妹車です。

見た目などは異なりますが、いずれも高級ミニバンとして高い人気を誇っています。

かつてはこのジャンルでは日産のエルグランドが人気でしたが、現在では逆転しており、ヴェルファイア、アルファードが人気になって販売台数も多いです。

そんなベルファイアですが、現行の3代目は2015年に登場しました。

また、2017年の12月にはマイナーチェンジされています。

これまでのサイクルでは、モデルチェンジは6年から7年の周期で行われています。

また、マイナーチェンジはモデルの中盤に3年ほどで行われる傾向にあります。

したがって、次期モデルは2020年頃の時期になると予想されています。

これは、多くのネット上の情報や車雑誌などでも同じように予想されていますので、信ぴょう性は高いでしょう。

もちろんこれはこれまでのトヨタの車販売の傾向を基にして分析した予想で、内部から流れてきた情報ではありません。

したがって、信ぴょう性が高いといっても必ずそうなるとは限らない点には注意が必要です。

ただ、このことを考えておくことは、ヴェルファイアの購入を検討している人には重要かもしれません。

なぜなら、モデルチェンジをする前に購入すると、買ってすぐにモデルチェンジになってしまってタイミングに失敗してしまう可能性があるからです。

もちろん、発表があればそれまでのモデルの新車の注文は停止されるため、直前期ならその心配はありません。

在庫限りになればかなりの値引きに期待できるので、モデルチェンジ後の車ではなくても良いと考えているなら非常にお買い得です。

考えておくべきなのは、まだ発表がなされていない時期です。

買った後に新車が出ると発表された場合、割引も受けられず新車を買うタイミングを逃してしまうという事態になってしまうからです。

現在の次期型の登場予定は2020年頃となっていますので2019年あたりから購入を考えるなら、新車の発表まで待った方が良いかもしれません。

ヴェルファイアは高級ミニバンなので、現行モデルでも高いです。

そのため、何度も買い替えることが普通の人ならできないでしょう。

それなら、新しい方が出るまで待った方が、最新の技術によって作られた新車を購入できるチャンスをつかむことができます。

発売の直前期になると情報がリークされることもあり、それだけ新車の発売時期の情報も正確になってきますので、こまめに確認しておくと良いでしょう。

トヨタ・ヴェルファイアのモデルチェンジの情報や時期の予想についてのまとめ

引用:https://www.as-web.jp/car/190710

今回はトヨタ・ヴェルファイアのモデルチェンジの最新情報や時期の予想についてご紹介しました。

まだ現行モデルもマイナーチェンジがなされたモデル中盤の時期ですから、まだ新しい次期型の情報は予想の域を超えていません。

これまでのサイクルでは、モデルチェンジは6年から7年の周期で行われており、マイナーチェンジはモデルの中盤に3年ほどで行われる傾向にあります。

そのためフルモデルチェンジは2020年ごろが予想されています。

これは適当な予測に基づくものではなく、これまでのトヨタの傾向や他社のモデルチェンジの状況などを基にして考えられたものであるため、ある程度当たる可能性は高いですので参考にされてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク