下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


新しく車を購入を検討される方にとって気になるのが車体の大きさ。

トヨタのヴェルファイアは高級ミニバンとして販売されていますが他の自動車と比較をした場合、どのくらいサイズの違いがあるのでしょうか。

今回はヴェルファイアの大きさや、他のトヨタ自動車のサイズを比較した結果をまとめました。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの大きさについて

引用:https://iketel.xyz/grade_difference

ヴェルファイアは2008年5月15日に初期型の販売が開始されました。

インテリアには7人乗りと8人乗りが存在します。

初代の大きさは全長が4850mmと4865mmで全幅は1830mmと1840mmです。

全高は1850mmから1915mmとなっています。

ホイールベースは2950mmです。

車両重量は1940kgから2190kgとなっています。

ヴェルファイアは車両重量がおよそ2トンある大型のミニバンです。

2015年1月26日には2代目のヴェルファイアが発売されました。

フロントグリルは2段ヘッドランプが採用されており、尖鋭的なデザインとなっています。

全長は4930mmと4935mmのタイプがあります。

全幅は1850mmです。

全高は2015年1月から2017年12月までに販売されたモデルだと2WDが1880mmから1935mmとなっています。

4WDは1895mmから1950mmです。

引用:https://vellfire.biz/mame/naiso.html

2017年12月から新しく発売されたモデルでは2WDが1935mmで4WDが1950mmとなっています。

ホイールベースは全てのモデルで3000mmです。

車両重量は2015年1月から2017年12月までに販売されたモデルが1920kgから2240kgとなっています。

2017年12月に発売されたモデルは1920kgから2260kgです。

ヴェルファイアは一般的な自動車と比較して大きな車ですが横滑り防止機能やABS、トラクションコントロールシステムなどが搭載されており運転しやすい構造になっています。

車幅があるものの感覚を把握するのはそれほど難しくありません。

ボディの形状が箱型なので、車幅の感覚を掴みやすいという特徴があります。

左前には補助ミラーも装着されているため、特に左側の車幅感覚が掴みやすくなっています

箱型のボディには湾曲している部分がありません。

前から後ろまでほぼ一定なため、扱いやすい車両です。

補助ミラーからドアミラーまでの感覚を掴むことができれば、容易に車を操ることができます。

上級グレードの場合にはオプションでインテリジェントクリアランスソナーを装備することもできます。

この装置があれば前後8個のセンサーが障害物を感知し、メーター内の表示やブザーで知らせてくれます。

インテリジェントクリアランスソナーがあれば安心して車に乗ることができます。

ヴェルファイアは国産車の中でも車体が大きいので、車庫入れの際にはバックカメラを利用すると便利です。

スポンサードリンク

沢山の魅力があるヴェルファイアはサイズ感も優位性があります

引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/

トヨタ自動車が販売しているミニバンの中にはヴェルファイアという車種があります。

ミニバンという括りになりますが、かなりの大きな車体に仕上がっていて、7人乗りと8人乗りという設定が施されているように、非常に大きい自動車です。

既に購入しているオーナーさんや、これから購入することを検討している方でも、サイズ感を優位性に感じることができるのではないでしょうか。

大きな車体の自動車で尚且つ3ナンバー仕様車なので高級感を感じ取ること以外にもサイズ感が非常に大きいので、普通の道路を走行させていてもその大きさから優越感を感じ取ることもできます。

ヴェルファイアは細かなディテールまで配慮されていて、新しいモデルとして販売されたマイナーチェンジ後のタイプではフロントグリルやフロントバンパーが大幅に改良されていて、以前よりもかなりの迫力を感じ取れることも魅力です。

サイドドア部分からテールに至るまで高級感を前面に出したデザインに仕上げられていることも特徴です。

国内では輸入車も増加傾向にありますが、ヴェルファイアの場合では国産車でありながら、輸入車に劣らないエレガントで重厚感も感じられるボディが多大な魅力として考えることができます。

引用:https://vellfire-y.com/kutikomi/naisou.html

実際のサイズ感も運転席に座った状態だけでも確認することができ、大きなフロントガラスに仕上がっていて、視界はかなり良好です。

テール部分までの距離感も感じられるスペースを持っていて、リヤガラスの状態も十分な大きさを保っているので、サイズ感は十分にありますが、運転しやすい自動車でもあります。

どの位置から見ても、その高級感や迫力を感じることができるように設計されている魅力もあります。

サイズ感だけではなくさらに上のランクを狙う場合では、ドレスアップを施してみることも一つの提案です。

例えば純正ホイールの場合では、18インチに設定されているのですが、20インチ以上のホイールに変えることにより、さらにグレードアップさせることに成功できます。

一般道路から高速道路などあらゆる走行において、他車よりも優位性を持ちながら運転できることを可能にしています。

大きい車体に乗りたいと考えている方であれば、その念願を叶えることに非常に向いている車種です。

ドレスアップ用として販売されているパーツ類が充実していることも優位性を感じることができるのではないでしょうか。

これ程重厚感があり、サイズの大きな車種は国内では珍しい傾向にあるので、購入を検討している方はまずはスペックをチェックしてグレードを決めることがおすすめでしょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアと他のトヨタ自動車のサイズ比較

引用:https://carvilogger.com/toyota/royallounge/

トヨタ自動車株式会社さんには、とても多くの素晴らしい車がありますがその中でも美しいデザインを誇っている車にヴェルファイアという車が存在しております。

まず、トヨタ自動車と言えば日本人では聞いたことがない方の方が珍しいと言われるほど、世界的にも有名な車会社さんであり、世界的企業であります。

愛知県に存在しており日本の車の歴史の中でも多くの有名な車を改革、作り上げてきた有名過ぎる会社さんです。

さて、こちらのトヨタ自動車さんが出されているヴェルファイアについてですが、他のトヨタ自動車さんが出されている車よりも、かなり大きいサイズ比較が出来ます。

まず、サイズですが乗員が7から8名となっておりますので、ご家族での旅行などでも人気のあるお車となっています。

サイズ比較としては、トヨタ自動車さんが出されている他の車であるピクシスメガなどと比べても、ヴェルファイアはかなり大人数が乗車可能です。

乗車が可能な人数はピクシスメガが4名となっております。

その他にタンクという車も人気の車ですが、こちらの乗員可能数は4名となっておりますので、いずれもかなりコンパクトな印象を与えてくれております。

ヴェルファイアの利点は、乗車が可能な人数が多いだけではなく、その圧倒的な高級感などにもあります。

トヨタ自動車株式会社様でも、自信を持ってお勧めをされておりますが、やはり大きなメリットは居心地がとても良く乗る度に窮屈さを一切、感じさせない点にあるとされております。

また、上記のピクシス系もとてもコンパクトであり人気ですが、こちらはどちらかと言えばコンパクトさに重点などを置いており、サイズ比較で言えば、圧倒的にヴェルファイアの方が大きさとしては十分でありそのために乗り心地も更に快適になっておられます。

サイズだけではなく価格も他の車よりも値段が高いことからも、高級感が溢れるものになっていると同時に、室内で寛ぐことが出来る空間作りなどから、より大人数でも狭さを一切感じさせることがなく、リラックスが可能となっております。

ピクシス系の車は、通勤などに使用される方が多いことに対してコンパクトさが重視されておりサイズもそのために、小さめのサイズであり価格も抑えられております。

トヨタ自動車さんで出されている車は、海外でも余りにも有名であると同時に海外にもいくつもの拠点があることから、海外のセレブの中でも大人気の車ばかりです。

同時にこのように、快適さを多く提供してくれることから世界でもトップクラス、と呼ばれております。

トヨタ・ヴェルファイアの大きさや他のトヨタ自動車とのサイズ比較のまとめ

引用:https://vellfire.biz/mame/naiso.html

今回はトヨタ・ヴェルファイアの大きさや、他のトヨタ自動車のサイズを比較した結果をまとめました。

ヴェルファイアは車両重量がおよそ2トンある大型のミニバンで、全長は4930mmと4935mmのタイプがあります。

ミニバンという括りになりますが、かなりの大きな車体に仕上がっていて、7人乗りと8人乗りという設定が施されているように、非常に大きい自動車です。

サイズ比較としては、トヨタ自動車さんが出されている他の車であるピクシスメガなどと比べても、ヴェルファイアはかなり大人数が乗車可能です。

購入を検討される方は、他の車も試乗して実際にサイズを比較してみるのもいいでしょう。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク