下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


高級ミニバンのトヨタ・ヴェルファイア、高級志向と謳われているだけあってエコカー減税や自動車税の費用が気になるところ。

今回は、ヴェルファイアのエコカー減税や自動車税、またヴェルファイアのガソリン車とハイブリッド車の費用の差についてご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのエコカー減税について

引用:https://toyota.jp/vellfire/ecocar/

2017年12月にヴェルファイアはビッグマイナーチェンジを実施しています。

ヴェルファイアはトヨタ自動車が販売しているLLクラスのミニバンです。

アルファードは洗練された上品さがありますが、ヴェルファイアは先進性と強靭さが特徴になっています。

フロントマスクは上下が2分割のヘッドライトでアルファードとは異なりますが、室内装備は共通です。

姉妹車のアルファードと共にマイナーチェンジが行われ、検地センサーに単眼カメラが加わっているのが特徴です。

自転車や歩行者の検知もできるように改良されLTAやAFS、RSAなども追加してパッケージ化されています。

外観はフロントフェイスが変更となります。

内装はシートやメーター、木目のカラーが変更になっています。

ヴェルファイアの購入予定者が気にしているのがエコカー減税です。

引用:https://automove.jp/?p=463

ハイブリッド車と2.5Lモデルはエコカー減税の対象車ですが、3.5Lモデルは税制が改正されたために適用外となっています。

エコカー減税対象者の減税額は最高額と最低額との差が20万円以上もあり、対象外のグレードもあります。

車を購入すると様々な税金がかかりますが、自動車税と自動車重量税はよく知られています。

自動車税の税額は排気量と用途によって違いが出てきます。

自動車重量税は購入する自動車の重量によって税額が変わります。

自動車を新規に登録したときと車検のときに税金を支払います。

新車の登録時は3年分支払い、車検の度に2年分支払うことになるのでかなりの出費です。

自動車取得税は車の購入時に課税され、高い車を購入すればそれだけ自動車取得税も高くなります。

エコカー減税は、国土交通省が決定した燃費と排出ガスの基準値をクリアしている優秀な環境性能を持つ車に適用されます。

税金の優遇制度を受けたい人は多いですが、段階的に税率が見直されています。

制度が始まった当初は免税対象車種が多かったものの、2018年になると対象外となる車種が増えています。

特に自動車重量税には注意が必要になります。

2018年5月からは2回目の車検時に2020年基準の50%達成車種のみしか対象にならないです。

2回目までエコカーの対象にするには、燃費基準や排出量基準が相当よい車を選ぶ必要があります。

実質増税となった理由は、対象車種が増えすぎたことも原因のひとつです。

税金を安くしたい場合は、新しく車を購入する場合にデザインだけでなく燃費や排出量も考慮する必要が出てきます。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの気になる自動車税

引用:https://fourel.info/?p=2195

ヴェルファイアを利用していくにあたって気になるのが自動車税です。

長く乗り続ける上で維持費は絶対にかかるものになりますから計算しておく必要があります。

自動車税は排気量によって決まりますからヴェルファイアの排気量を知らないといけません。

その排気量ですが2500ccになりまして、税額4.5万円ほどになります。

排気量で決定する金額ではありますが、エコカー減税により購入から翌年から安くなりまして、75%の減税になれば11500円となります。

その他にも自動車重量税というものがありまして、こちらは重量に対して発生する税金です。

車両重量が重たくなるほど高くなる仕組みとなっていまして、0.5トン重たくなる度に4100円高くなる計算です。

しかし、ヴェルファイアは燃費基準をクリアしているエコカー減税の対象車になりますから4100円ではなく、2500円になりまして少し安くなっています。

購入時にも支払いが発生しますが、エコカー減税の対象ですから、こちらも安くなっていまして通常よりもお得と言えるでしょう。

引用:https://vellfire.biz/

車両重量はグレートによって多少前後しますが、先ほどから言っているようにエコカー減税によって安くなります。

1.5トンから2トンの重さであれば初年度から3年目までは7500円であり、4年目以降は1万円です。

2トンから2.5トンの重さであれば初年度から3年目までは9300円であり、4年目以降は1万2500円です。

これらの金額に自動車税の4万5000円を足した金額が維持費として必要となってきます。

もちろん維持費として考えた場合に保険代や車検代も考慮にする必要がありますし、日々使用していけば劣化しますし、燃料も必要なので、それらも足して総合的に考えていかないといけないでしょう。

現状の税制度としましては自動車税と重量税は必ず発生しまして、これらの金額を支払う必要があります。

しかし、エコカー減税の仕組みがありますので通常よりも安くなっているので使いやすい車種と言えるでしょう。

ヴェルファイアは排気量2500ccの1種類しかありませんので排気量で計算する自動車税は分かりやすいです。

燃費や重量に関しましてはエコカーモデルだと重量税が1万円での計算となりますから、その他のモデルやグレードでは、どのくらいの重量であるかを確認しておく必要があるでしょう。

それにエコカー減税によって翌年から大きく安くなりますから、そのことも調べておいてください。

スポンサードリンク

ヴェルファイアのガソリン車とハイブリッド車の費用の差

引用:https://dressup-navi.net/parts/383/

ヴェルファイアは、LLクラスの大型ミニバンで、初代のモデルは2008年に登場しました。現行のモデルは2代目で2015年に登場したもので、より一層迫力と高級感を高めたデザインとなっているのです。

駆動装置には2.5リットルの直列4気筒のエンジンだけではなく、3.5リットルのV型6気筒のエンジンも提供されています。

トランスミッションは無段変速のCVTと6速のATがあり、駆動方式は4WDとFFがあるのです。

この車種は多彩な機構と装備を取り入れていることでも有名でスマートエントリーやインテリジェントパーキングアシストなど、最も新しい快適な装備が搭載され充実しています。

ヴェルファイアは駆動方式と駆動装置の組み合わせが豊富で、装備もバラエティに富んでいるので初期費用の金額の幅も広めに設定されているのが一般的です。

ハイブリッド車とガソリン車の費用の差は、3.5リットルのガソリン車と比較するとあまり大きくないですが、2.5リットルのガソリン車とハイブリッド車で比較すると最大で、およそ90万円ぐらいもの価格の違いがあります。

2.5リットルのガソリン車が、およそ320万円から442万円ぐらいなのに対して3.5リットルのガソリン車は、およそ415万円から672万円ぐらいでハイブリッド車が、およそ411万円から704万ぐらいです。

ヴェルファイアの車両の税込みの価格と自動車税、3年に亘って走行した場合の維持費をガソリン車とハイブリッド車で比較してみるとガソリン車の方がハイブリッド車より安く抑えられるという結果になります。

この比較は、1年あたりの走行距離を8千キロメートルとして、レギュラーガソリンの単価を1リットルあたり130円として計算しているのです。

ガソリン車のグレードはXクラスの4WDの8人乗りとしてハイブリッド車のグレードはハイブリッドXクラスの4WDの8人乗りをサンプルにして比べています。

差額は、およそ45万円ぐらいとなり、ガソリン代にかかる費用を除いた場合の差額は、およそ53万円です。

この差額を解消するためには、ハイブリッド車で14万7千キロメートルもの距離を走行しなければならないことになります。

単純計算で費用を比べてみるとガソリン車がお得ですが、走行性能ではハイブリッド車の方が2.5リットルのガソリン車よりも優れていて、静かさや燃費性能でも上回っているのです。

予算に余裕がなければガソリン車がおすすめですがハイブリッド車を買うことが出来る予算があれば試乗して自分好みの駆動装置のヴェルファイアを購入するのが良い方法になります。

トヨタ・ヴェルファイアのエコカー減税や自動車税の費用についてのまとめ

引用:https://carassess.info/vellfire-vehicle-inspection-2287.html

今回は、ヴェルファイアのエコカー減税や自動車税、またヴェルファイアのガソリン車とハイブリッド車の費用の差についてご紹介しました。

ハイブリッド車と2.5Lモデルはエコカー減税の対象車ですが、3.5Lモデルは税制が改正されたために適用外となっています。

自動車税は排気量によって決まり、ヴェルファイアの場合は2500ccなので、税額4.5万円ほど。

ハイブリッド車とガソリン車の費用の差は、3.5リットルのガソリン車と比較するとあまり大きくないですが、2.5リットルのガソリン車とハイブリッド車で比較すると最大で、およそ90万円ぐらいもの価格の違いがあります。

購入を検討されている方はぜひこの資料を参考にしてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク