下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


高級ミニバンのトヨタ・ヴェルファイア、その見た目の迫力だけでなく、スペックにも注目して頂きたいところ。

今回はヴェルファイアのスペックや2列目シートの足元の広さと乗り心地、また加速性能についてもご紹介します。

スポンサードリンク

全てにおいて妥協しないヴェルファイア!注目すべきそのスペックは

引用:https://car.kurumagt.com/2016-ggh30.html

日本の自動車市場では、高級ミニバンが人気を集めていて各メーカーが持てる技術の粋を集めて形にしたこうしたLクラスミニバンがラインナップの頂点として位置づけられるようになりました。

特にトヨタがこのクラスに対して、熱心に力をいれており、幅広いミニバンラインナップをもちそれぞれが、異なる方向性やコンセプトのデザインを持っています。

そしてアルファード、ヴェルファイアはそのトヨタの展開するラインナップの頂点に君臨するモデルとなり、あこがれの存在になりました。

初代アルファードの一つのグレードが独立を果たしてヴェルファイアとなってもう10年です。

当初はいろんな意見があったものの、元々持っていた圧倒的な存在感もあり、現在ではアルファードと肩を並べる程の知名度と魅力をもつ一台になりました。

全てにおいて妥協しない点ではアルファードと同じでそれはスペックからも、伺い知る事ができます。

引用:https://matome.response.jp/articles/1267

まずトップグレードとなるモデルは3.5リッターV型6気筒エンジンと2.5リッターエンジンとハイブリッドを組み合わせた仕様があり、それぞれ得意とするスピードレンジが異なり加速特性も異なります。

3.5リッターエンジンはV型6気筒にする事でコンパクトにでき、広い車内空間を確保するうえで問題にならないサイズと、スムーズに吹き上がるエンジン特性と高速道路での静寂性と2.5リッターにくらべ格段に余裕がある馬力が魅力です。

2.5リッターとハイブリッドを組み合わせた仕様は、街乗りでの加速性能が良好で電気モーターのメリットを最大限に活かす事が出来ています。

静寂性が非常に重要視される高級ミニバンにおいて、用途に合わせた静寂性と出力特性を選ぶことが出来る点は大きな特徴です。

2代目との大きな違いは、車両の低床化にあり重心を低下させる事で車本来の運動性能に磨きをかけています。

それだけでなく乗り降りのしやすさや、全高を低下させる事でどっしりとした力強さを感じさせる視覚的効果ももたらしています。

アルファードとの大きな違いは、重厚感で高級感の中にどこか刺激的な要素を持った特徴的なデザインでしょう。

人によってはアルファードと好みが分かれるポイントでもありますが、大きなグリルに大胆に銀メッキをあしらう事で圧倒的な存在感と威圧感あるフロントフェイスがこの車の大きな特徴です。

光りの質に徹底的にこだわっているのがヴェルファイアの特徴でありあらゆるところにLEDを用いたり夜間のライトの光量、そして見え方まで徹底的にこだわりぬいています。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの2列目シートの足元の広さと抜群の乗り心地

引用:https://vellfire.biz/mame/naiso.html

トヨタのフルサイズミニバンを支えているのがアルファードとこのヴェルファイアです。

7人乗り、8人乗りのモデルがあり、子供連れの家族から絶大な人気を得ています。

ただの便利な移動手段ではなく、そのデザインも非常に秀逸です。

前からフロントマスクは精悍な佇まいで凛としています。

鋭い洗練されたヘッドライトはミニバンの中でも特徴的で、一目見たら忘れることは出来ない顔つきと言えます。

ヘッドライトはダブルになっていて、これはフロントマスクの最大の特徴と言えます。

さらにグリルは近年トヨタが得意としているデザインで、大き目のものを採用しています。

モデルチェンジを繰り返し、徐々に押し出しが強いデザインに変更されていきました。

バンパーは滑らかな流線型を採用していて、迫力と繊細さを演出しています。

サイドから見ると天井が高く、低重心になっているので、非常に大柄に見えます。

引用:https://toyota.jp/vellfire/customize/royallounge/

後ろのドアはスライド式になっていて、ワンタッチで軽く開け閉めすることが可能になっています。

小さなお子さんでも簡単に乗り降りができますし、挟まらないように自動で調節してくれます。

オプションで足元を照らす機能をつけることもできるので、夜間の乗り降り時に役立ちます。

後姿はフルサイズミニバンらしい大きい後姿です。

トランクは簡単にあけることができて、自動ロック機能も付いています。

3列目のシートを倒せば長い荷物も積み込むことが出来るので、アウトドアやレジャーの時に非常に役に立ちます。

ゴルフバッグも楽につめるので荷物を運ぶ役割も担うことが可能です。

そして、ヴェルファイアに乗ったときに一番驚くのが2列目シートの足元の広さです。

ゆったりとしたスペースがあり、その乗り心地はまるで飛行機のファーストクラスです。

シートを倒せば足を伸ばして横になれるので、移動時にも体を休めることができます。

シートアレンジも豊富で、調節次第で組み合わせは広がります。

後部座席にはモニターがついているので車内で映画やアニメ、ドラマなどを楽しむことができます。

これがあれば小さなお子様も退屈しないでドライブを楽しむことができます。

ヴェルファイアの乗り心地はトップクラスで、揺れや振動はほとんどありません

まるで家が動いているような安心感があります。

自動車のカスタムが好きな人はインチアップなどを行って20インチなどのホイールを装着させる人がいますが、そうなると乗り心地は多少悪くなります。

スポンサードリンク

高級ミニバンのヴェルファイア。その加速性能は?

引用:https://8971.info/news/vellfire

トヨタのLクラスミニバンであるヴェルファイア。

高級ミニバンが高い人気を集める現代においてアルファードと並んでトヨタの頂点と言える位置づけの車になっています。

初代ではアルファードVとされていたモデルが独立して、2代目アルファードとはまた異なる魅力とデザインを持った車としてヴェルファイアは登場しました。

アルファードそして、ヴェルファイアは高級ミニバンとして、あらゆる面で最高水準のポテンシャルを求められそれらすべてが、乗る人そして運転する人の快適性の向上につながるように細部まで徹底的に突き詰められています。

ミニバンは車体も大きく、居住性を拡大するためにエンジンは意外にもコンパクトなものを求められる事もあってどうしても「鈍重」なイメージが付きまとい、ましてやこのLクラスとなればその大きさもあってそのイメージにどう対処するかがメーカーの考え方と技術力をうかがい知る事が出来るポイントです。

ヴェルファイアはアルファード同様、2.5リッターと3.5リッターの2種類の排気量異なるガソリンエンジンが選択できます。

当然排気量の大きいエンジンの方が低速から高速域まで余裕があるのは当然ですが、3.5リッターエンジンの魅力は何と言っても高速道路での巡航性能の高さにあります。

V型6気筒のエンジンである3.5リッターモデルは、V型にする事でコンパクトでありながら高回転までスムーズにエンジンが回るため、高速道路でも余裕ある巡航性能と静かさを実現できました。

2.5リッターと比べると快適性は別次元と言えるでしょう。

一方で2.5リッターモデルにはハイブリッド仕様が用意されており、電気モーターを用いた低速時のスムーズな加速と、驚異の静寂性を実現しています。

特に街乗りでの快適性は3.5リッターよりも2.5リッターとハイブリッドシステムに軍配でしょう。

信号などで停止からの発進を繰り返す街中で良好な加速性能を持っているので見た目に反して軽快であり、日常使いにもマッチしていると言える仕様です。

このように同じヴェルファイアでも、モデルやグレードによって加速性能や走りの味付けが大きく異なります。

「車両価格の高く、大柄なこうした車をどのようにして軽快で快適な車に仕上げるか」に対するトヨタの考えを形にしたこのエンジン設定はこの車の大きな特徴ともいえるでしょう。

細部まで妥協なくこだわり抜いたトヨタのクオリティを全身で感じる事ができ、所有する喜びを感じる事ができる一台です。

トヨタ・ヴェルファイアのスペックや乗り心地、加速性能についてのまとめ

引用:https://www.youtube.com/watch?v=z2wiJ8n8e-4

今回はトヨタ・ヴェルファイアのスペックや2列目シートの足元の広さと乗り心地、また加速性能についてもご紹介しました。

3.5リッターエンジンはV型6気筒にする事でコンパクトにでき、広い車内空間を確保するうえで問題にならないサイズと、スムーズに吹き上がるエンジン特性と高速道路での静寂性と2.5リッターにくらべ格段に余裕がある馬力が魅力です。

2.5リッターとハイブリッドを組み合わせた仕様は、街乗りでの加速性能が良好で電気モーターのメリットを最大限に活かす事が出来ています。

2.5リッターモデルは電気モーターを用いた低速時のスムーズな加速と、驚異の静寂性を実現しています。

ヴェルファイアの乗り心地はトップクラスで、揺れや振動はほとんどありません。

購入を検討されている方はぜひ一度試乗して乗り心地を体感してみてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!