下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


高級ミニバン、トヨタのヴェルファイアの購入を検討されている方にとって、試乗レポートは重要な参考資料になることでしょう。

今回はヴェルファイアの特徴と試乗評価、ヴェルファイアの試乗する時のポイントについてご紹介します。

スポンサードリンク

高級ミニバンヴェルファイアの試乗レポート

引用:https://www.webcartop.jp/2018/01/199504

2017年にマイナーチェンジを受けたトヨタの大型高級ミニバンヴェルファイアの注目は、3.5L V6エンジンを搭載したモデルです。

試乗してみると新エンジンのV6ならではの静粛性の高さとスムーズな加速性能には驚かされます。

最高出力301ps/6600rpm、最大トルク361Nm/4600-4700rpmを発揮するハイパワーエンジンは、2tクラスの車体を軽々加速させ息切れを感じさせません。

他のレポートをみても、エンジンに対する評価は大変高くなっています。

静粛性の高さに関しては単にV6エンジンだからというだけでなく、ボディの構造自体による恩恵も大きいようです。

たとえば高剛性ガラス接着剤の使用を拡大することによって、ボディ剛性をさらに向上させています。

しっかりとしたボディ剛性がそのまま静粛性にも貢献しているというわけです。

街中を乗りだした瞬間から、車内の静粛性の高さが十分に伝わってきます。

それはシート位置によって変わることもありません。

引用:https://response.jp/article/2017/04/01/292957.html

1列目シートでも3列目シートでも同様の高い静粛性を保っており、非常に高級感を感じさせてくれます。

またV6以外にもトヨタお得意のハイブリッドも魅力的です。

上質な乗り味はV6以上といっても過言ではありません。

152馬力発揮する2.5リッター4気筒エンジンとフロント143馬力及びリア68馬力を発揮するモーターとが組み合わされており、非常に力強い加速力を発揮します。

その優れた加速性能はV6以上となっています。

もちろん燃費も倍以上良いので、相当魅力的に映ることでしょう。

さらに安全性にも力を入れています。

全車に予防安全パッケージである「トヨタセーフティセンス」の第2世代最新モデルを標準で装備しています。

最新モデルの特徴は単眼カメラとミリ波レーダーの性能が向上していることです。

それによりたとえば昼間の目で追いつけない速度で走る自転車や、夜間の見えにくい歩行者などもしっかり検知可能です。

車線キープを補助するレーントレーシングアシストも便利です。

ヴェルファイアの特徴の一つは豪華な2列目シートです。

まるで飛行機のファーストクラスのような座り心地のシートは、ロングスライドが可能であり、オットマンもついているので快適そのものです。

背もたれを倒せばフラットに近い状態となります。

ゲストを乗せてドライブするとなれば、クラウンよりも快適な移動空間となり、大いに満足してくれることでしょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの特徴と試乗評価とは?

引用:https://autoc-one.jp/toyota/alphard/report-2078966/photo/0021.html

ヴェルファイアは2018年1月にマイナーチェンジを受けて、さらに押し出し感の強い外観となりました。

高級ミニバンというイメージから言えば少し過激な印象は否めませんが、逆に若々しくスポーティな印象が増したという点では、それを好ましく感じている人も多いことでしょう。

より落ち着きを求める人は兄弟車であるアルファードを選択するのも手です。

さて、ヴェルファイアを試乗してみての印象ですが、のびのびとした広い室内空間にまず圧倒されます。

特に2列目シートは飛行機のビジネスクラス並みと言っても過言ではないほどゆったりとしており、高品質なシートもリラックスできるものとなっています。

背もたれを倒し足置きを出せば、足を伸ばしながら眠ることも可能です。

ヴェルファイアは単なる移動手段ではなく、いかに居心地よく移動できるかに力点が置かれているクルマであることがすぐにわかることでしょう。

ドライバーズシートも適度に包まれ感があって、コックピットと呼ぶにふさわしいデザインとなっており、運転する楽しさもしっかり味わうことができます。

ミニバンというとドライバーは二の次に考えられがちですが、このクルマに限ってはそのような心配はないでしょう。

見晴らしの良いドライバーズシートから優雅で楽しい運転を楽しむことができるでしょう。

引用:https://clicccar.com/2018/01/26/553538/

V6の3.5Lガソリンエンジン及びハイブリッド共にトルクとパワーに余裕があるので、発進加速から非常にスムーズで、中低速から高速域に入るときも非常に力強くかつスムーズです。

また高められたボディ剛性によって、操縦安定性と乗り心地そして静粛性に対する評価も高いです。

このあたりは期待通りと言って良く、裏切られることはありません。ただ車高が高いのでコーナリングでのロールはあります。

燃費に関しては2tを超える車両重量がありますのでやや辛いところですが、ハイブリッドに関しては13km/L前後と良好です。

春や秋のエアコンを使わない季節になれば16~17km/L前後になります。

ハイブリッドの場合、運転の仕方によってかなり大きな差となってしまいますが、それほど燃費を気にすることなく運転を楽しむことができるでしょう。

2.5Lガソリンエンジンの場合は実燃費が10km/L前後となり、V6 3.5Lガソリンエンジンになると実燃費は10km/Lを切ってしまいます

燃費を気にする方の方はハイブリッドがおすすめです。

価格も3.5Lガソリンエンジンとほぼ同額となっています。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの試乗する時のポイント

引用:https://www.webcg.net/articles/-/2940

車の新規購入や買い替えの時にはいろいろなパンフレットや口コミなどをインターネットで調べたりしますがが一番大事なのは実際に乗ってみる事です。

試乗もせずに欲しい気持ちだけで購入してしまい後悔しても、マイカーはそう簡単に変えることが出来るものではありません。

ましてや、ヴェルファイアのように高額なものになるものならなおさらです。

ですが、ただ乗るだけではいけません。

購入後に起こりうるいろんなことを想定して試乗してみることがおすすめです。

運転席周りならば、シートの移動によって対応できるかもしれませんが、それでも運転する人の身長や体型によってアクセルやブレーキに足がしっかりと届かなかったりしては事故の元となりますのでとても大切なチェックポイントです。

シートの座り心地やハンドルの握り具合もチェックしてください。

また、運転席からの視界も事故防止のために欠かせません。

ミラーの角度やメーターの見やすさも運転時のストレスを軽減するために必ずしましょう。

次は、同乗する人たちへのチェックです。

座席の座り心地や収納の広さ、後方のドアは運転席からでも開け閉めできるのかどうか。

快適に過ごすためには後部座席の空調は一度使用してどれくらいのものか実際に確認してみるのがいいでしょう。

あまり空調が効かないようだと車に乗るのも大変です。

あと、小さな子供やお年寄りが家族に居て乗車をすることがあるならば、自分で乗り降りできるかも大きなチェックポイントです。

子供なら抱き上げて乗せなければいけないのか、お年寄りにいつも手を貸さないと乗り降りできないのは大変な労力となります。

また、お年寄りが乗り降りする際に転んだりけがの原因になることもありますので、押さえておきましょう。

最後に、回数と時期です。

一回だけですとディーラー指定のコースのみ試乗という事になってしまう可能性が高いのでせめて2回以上しましょう

出来る事ならば、普段利用する道での試乗をさせてもらうことをお勧めします。

ディーラーはあまり良い返事はしてくれないかもしれませんが、普段使いする車を普段使わない道で走ってみても駄目です。

また、天気によっても車の乗り心地や使い勝手は変わってきます。

天気の良い日ばかりでなく、大雨や曇りの時、風の強い日等それぞれの天気での車の乗り心地を試してみることは出来る限り行う方が良いでしょう。

ヴェルファイアに何度も試乗して、納得して購入してください。

トヨタ・ヴェルファイアの特徴と試乗評価についてのまとめ

引用:https://www.youtube.com/watch?v=zrp93QLi84w

今回はヴェルファイアの特徴と試乗評価、ヴェルファイアの試乗する時のポイントについてご紹介しました。

ヴェルファイアを試乗してみての印象ですが、のびのびとした広い室内空間にまず圧倒されます。

特に2列目シートは飛行機のビジネスクラス並みと言っても過言ではないほどゆったりとしており、高品質なシートもリラックスできるものとなっています。

高められたボディ剛性によって、操縦安定性と乗り心地そして静粛性に対する評価も高いです。

試乗の際は、運転席周りならば、シートの移動によって対応できるかもしれませんが、それでも運転する人の身長や体型によってアクセルやブレーキに足がしっかりと届かなかったりしては事故の元となりますので、この点に関してもしっかりチェックしておきましょう。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!