下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


高級ミニバンのトヨタ・ヴェルファイア、定価で買うには少し財布に厳しい値段の車ですが、値引き交渉をすることは可能なのでしょうか。

今回はヴェルファイアの値引きの相場と注意点についてご紹介します。

限度額まで欲張ってもいいのか、値引き目標はどこまでを設定すべきかについてもお話しますので、値引き交渉の際に参考にされてください。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの値引きは相場を知って交渉を

引用:http://www.el-dorado.jp/collection/crave/vellfire30_Ztype/index.html

ヴェルファイアは高価な車だけに購入をするのであれば、少しでも安く買いたいところです。

そのためには値引き交渉が肝とあってくるわけですが、ただ安くしてくれと言っても安くなるわけではありません。

もちろん、それなりに安くしてくれるように見せてくるかも知れませんが、相場を知らないと大して安くならずに高く買ってしまうということもあります。

不公平なように思うかも知れませんが、大きな金額が動く買い物というのは本来このようなものであり、安く買うことができた人が得をするだけで、値引きしてもらえなかった人が損をしているわけではないのです。

それでも相場よりも高く買ってしまうと、損をしてしまったという気持ちが強くなりせっかく手に入れたヴェルファイアの喜びも霞んでしまいますから、交渉にあたって最初はどれぐらい安くなるのか抑えておくことが大切です。

引用:https://saitama.rl-toyota.co.jp/rentalcar/car_list/wagon/vellfire/

値引きの相場というのは時期によって大きく変わるものであり、新モデルが登場する前後では旧モデルが大幅に安く売られるのに対して、新モデルはあまり安くしてくれないということがあります。

更に旧モデルがはけた後だと、しばらくは値引いてもらいづらい時期に突入をすることになりますから、相場の転換点のときには注意が必要です。

また、どれぐらい安くなるのかはオプションによっても変わってきますし、販売店の販売状況によっても変わってきますから、その辺も良く考えておく必要があります。

そのように考えると結局いくらぐらいまでなら安くなるのかわからないとなってしまうものですが、購入価格の一割を目安として考えておくのが良いでしょう。

更に交渉をするときのポイントとしては、希望額に達した時には購入をするという意思を見せることです。

販売店は買ってくれるかどうかわからない相手に対して真剣に交渉はしようとせず、金額もいまいちなものとなってしまいます。

買いもしない客に安い金額を提示して、それを踏み台にされてしまっては結局損をするのは自分達なので、見込みのない客に対しては値引きも積極的ではありません。

しかし、金額の折り合いが付けば契約をするという姿勢を見せているのであれば、相手も最大限歩み寄ってきてくれますから、安く買える可能性が高くなります。

あとは損をしないように、その時期は安く買える時期なのかあるいは安くなりづらい時期なのかを考え、購入価格の一割を目安に相場の動向をしっかりと捉えて値引き交渉に挑むようにしましょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアは値引きの限度額まで欲張らない

引用:https://www.kokusai-hire.tokyo/reason/lineup/vellfire/

ヴェルファイアを購入する時に少しでも安くと値引きの限度額まで引き出そうと考える人は多いものですが、欲張り過ぎると結局納得のできる金額で購入できずに終わってしまうということがあるので、程々のところで抑えておくのが大切です。

限界まで安くして欲しいと考えるのは当然のことですし、安いものではないのでできるのであれば限度額まで安くしてもらいたいところですが、現実的にどこまでが限界というのは把握するのは困難です。

交渉の仕方によっても変わってきますし、販売店との付き合いもありますから、一律全ての人が同じ金額だけ引いてくれるとは限りません。

値引きの情報というのは今ではインターネットで簡単に手に入れることができますが、それらの情報は真偽の程がはっきりしませんし、仮に事実だったとしてもそれが全ての人に当てはまるものとは限らないのです。

たまたま、販売店のノルマが達成できるかどうかの瀬戸際に当たった人であれば、他の人よりも大幅な値引きを引き出すことができますが、それはあくまでも例外であり誰もが同じように引いてくれるわけではありません。

金額だけ見てそれが限度額だと思って、その金額まで引いてもらおうとしても値引きできるタイミングは決まっているので断れてしまうことになります。

そのため、限度額というのはたまたま引き出すことができるものであり、狙って引き出すようなものではないということを頭に入れておくことが大切です。

引用:https://matome.response.jp/articles/1267

だからといって何も調べずに交渉に挑めば相場よりも少ない金額しか値引いてもらうことができずに損をしてしまうということがありますから、調べておくのは決して無駄なことではなく、ある程度妥協できるラインを決めておくのに役立ちます。

現実的なラインであれば相場よりも大きめの金額でも交渉次第で相手がすんなりと受け入れてくれる可能性は十分にありますから、平均的な金額を知っておくのは大事なことになります。

運良く限度額まで引き出すことができればラッキーという気持ちで、平均的な金額を値引いてもらうことができればそれで上々、上手く交渉できて平均よりも良くなれば御の字ぐらいに考えておくのがヴェルファイアを購入するときの交渉の肝となります。

他の人よりも大分安く購入できるかどうかはタイミングが影響してきますが、他よりも少し安く買えるかどうかは交渉の仕方によって変わってくる部分が大きいので、平均的な値引きの金額を抑えておいて購入を前提として交渉をしてみるのが一番の得策です。

スポンサードリンク

ヴェルファイアを購入するときの値引き目標

引用:https://car-moby.jp/278491

ヴェルファイアは最高級ニミバンとも呼ばれている車で、その性能は高度なものです。

乗り心地もいいのですが、その分お値段も高額だという特徴があります。

せっかく購入するのであれば、少しでも安く買いたいと思うでしょう。

そこで、値引きのポイントとその目標額を知っておくと安心です。

まず、車の雑誌などにはどのくらいの金額を引いてもらったかなどの体験談が掲載されています。

多くの場合、ヴェルファイアはそこまで高額な値引きは期待できない車です。

それでも、車本体の価格で26万円ほど、オプション等を含めて30万円ほど金額を引いてもらうことができれば合格です。

とりあえず30万円を目標としてディーラーの担当者と話をするというのが一般的になるでしょう。

けれども、担当者と話しても10万円ほどしか引いてくれないことがあります。

この金額ですと、もう少し安くしてくれてもいいかもしれないと思ってしまうかもしれません。

ただ、他の人が安く買えた条件と自分ではまったく同じ条件にはなることはないでしょう。

車のグレードやオプションに違いがあるからです。

また、最も大切な条件として担当者に値引きを決断させる状態にしなければいけません。

例えば、ヴェルファイアのライバルであるアルファードを実際に見に行って見積もりをとっているようなケースです。

そうなると担当者は値段を安くしてでも早く買ってほしいという気持ちが働きます。

他社の車でも同じようなグレードの車であればそのような姿勢になります。

ここで注意したいのが、自分がライバルだと思っても担当者が思っていないケースです。

極端な例で言えば、軽自動車の見積もりを持って行っても相手にされないということです。

そして時期も大切な要素です。

決算時期の前になるとディーラーは少しでも多くの車を売りたいのでいつも以上の金額を値引いてくれる可能性が高いです。

最も安く買えるのは3月ですが、3月に登録を終える必要があるので1~2月から動き始めるのがいいでしょう。

9月も中間決算なので安く買える可能性が高いです。

6~7月の夏のボーナス月や、11~12月の冬のボーナス時期も値引きがよくなる時期と言われています。

それぞれの時期に合わせて、ヴェルファイアを値引いてもらいましょう。

ヴェルファイアが欲しいという気持ちを担当者に告げ、もう少し安かったら買うという姿勢を見せるのがポイントです。

ライバルの見積もりなどもとっておくと安心です。

トヨタ・ヴェルファイアの値引き相場と限度額についてのまとめ

引用:http://www.arena9.com/stock/detail.php?r_corp=64&r_shop=64&r_car=4313326

今回はトヨタ・ヴェルファイアの値引きの相場や限度額、値引き目標はどこまでを設定すべきかについてお話しました。

どれぐらい安くなるのかはオプションによっても変わってきますし、販売店の販売状況によっても変わってきます。

そして限度額というのはたまたま引き出すことができるものであり、狙って引き出すようなものではないということを頭に入れておくことが大切です。

車本体の価格で26万円ほど、オプション等を含めて30万円ほど金額を引いてもらうことができれば合格です。

購入を検討される方はぜひこの金額を参考にされてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!