下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


3列シートの高級ミニバンのトヨタ・ヴェルファイア、購入するなら内寸や内装色についても知っておきたいところ。

今回はヴェルファイアの内寸や内装色、また安く済ませられるおすすめの内装改造についてご紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの気になる内寸

引用:https://carbell-marugame.com/2018/02/11/new-vellfire-executive-lounge/

ヴェルファイアは1列目から3列目までのすべてのシートが前後にスライドさせることが可能ですが、特に3列目は荷室スペースの広さに変化を与えるのと同時に居住性にも大きな影響を与えるため、その内寸が気になるところです。

3列目のシートは折り畳むことが可能ですが、それを行うためにはシートの下部にある接合部とスライドレールに表記されている白い三角のマークに合わせて設置する必要があり、この状態が標準の位置となります。

荷室スペースの横幅は約130cmですが後輪のタイヤがある位置は突起物があり、その箇所だけ横幅が約90cmと狭まった状態で3列目のシートを標準の位置にした際の奥行きは約40cmです。

3列目のシートを最後尾までスライドさせた際の荷室スペースの奥行きは約24cmとなり、あまり多くの物を積載できない状態となります。

逆に最前列までスライドさせると奥行きは約70cmとなり、少し大きめの段ボール箱なども積載できる状態になりますが、2列目のシートの位置によっては3列目のシートの居住性が大きく損なわれ、大柄な方であれば膝が前のシートに当たって気になってしまうこともあります。

引用:http://www.netz-chuo.co.jp/detail/?id=1

3列目のシートを折り畳んだ場合の横幅は片方で約60cm、両方を折り畳めば約120cm、この状態で2列目のシートを最後尾までスライドさせた場合の奥行きは約127cmとなり、2列目のシートの居住性を確保しながら、まずまずの荷室スペースを確保できます。

さらにここで2列目のシートを最前列までスライドされると奥行きは約175cmとなります。

175cmは例えば成人男性が利用するスキーやサーフィンボードなどを積載するのが難しいスペースですが、2列目や3列目のシートの背もたれを倒してその上に乗せるならば積載することもかろうじて可能です。

乗降時の快適性に大きな影響を与えるスライドドアの開口部は、最大に開いた状態で横幅が約80cm、高さが約135cm、地面からステップまでが約37cm、地面から床までが約47cmとなっており、スムースに乗降するには十分なスペースです。

運転席のドアの開口部は地面からステップまでが約39cm、地面からステップまでが49cmで、いずれのケースもステップに足を置けば楽に乗降が可能です。

内装では2列目のシートの内側の幅が約160cm、運転席のドアから助手席までの幅が約143cmで、快適な居住性を持ったスペースが確保されています。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの印象が変わる内装色

引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/

尖ったデザインと実用性を兼ね備えるヴェルファイアは、内装色や内装の仕上がりにも魅力があります。

基本的なブラックで、合成皮革素材を用いたシートが標準装備されているのが特徴です。

ブラックは引き締まった印象を与えますし、シフトレバーや各メーターを浮かび上がらせるので、多くの人達から選ばれている人気色です。

ロゴや各ボタンに、シフトレバー周りにもシルバーパーツが使われていますから、ブラックといっても地味な印象は与えないです。

むしろヴェルファイアらしさが引き立つ、標準色に相応しい内装色となっています。

内装色は購入時に選択すること可能で、同じブラックには本革タイプも用意されます。

肌に馴染む質感と、自然な光沢感を併せ持っていますから、ヴェルファイアの高級感が増して魅力もアップします。

当初は硬さが感じられる表面は、使い続ける内に馴染んできますし、光沢が落ち着いてくるので愛着が湧くものです。

耐久性が求められる部分には、一部合成皮革が併用されていますが、これは長く愛用される為にメーカーが行った選択です。

ブラック同士でも、採用されている素材によって印象が違いますから、購入を検討する際には比較を行うことをおすすめします。

引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/

本革には抵抗感がある、そういった人にはファブリック系のシートを採用したブラックも用意されています。

内装色の大部分は共通していますが、ステアリングやパネルの一部にも変更があるので、実際は同系色でも別物といった感じです。

ファブリック系のシートは、本革仕様とはまた違った質感ですから、完全に好みで選ぶことができるでしょう。

高級感は本革に譲るものの、ヴェルファイアらしさは問題なく保たれているので、どちらを選んでも失敗と感じることはないはずです。

本革にはもう1種類プレミアムナッパ本革が用意されていて、こちらもノーマルの本革とも違った質感です。

質感が変わるということはつまり、色味の見え方にも違いがありますから、比較して悩んだり選ぶ楽しさを感じさせてくれます。

ブラック以外の内装色には、ホワイトとブラックの2色を組み合わせているタイプもあります。

こちらはシートのホワイトが採用されていて、ブラックにも用意されているプレミアムナッパとなっています。

注文時に指定して選ぶことができますから、この選択次第で手にするヴェルファイアの印象が大きく左右されます。

選べる色には、明るめで大人っぽさを感じさせるフラクセンも用意されているので、ブラックやホワイトと共に悩む楽しみが得られます。

スポンサードリンク

できるだけ安く済ませるならヴェルファイアの内装改造

引用:https://toyota.jp/vellfire/customize/royallounge/

所有しているヴェルファイアをさらに自分の好みにしたいと考えている人も少なくないでしょう。

そのためにはまず外装から手をつけようとする場合もあります。

ところが車の外装というのは、意外とお金がかかるものが多いのです。

それもそのはずで、タイヤやホイールはもちろんのことですがバンパーなども部品自体が安くはありません。

加えて走っている最中に落下してしまうと大変ですから、しっかりと取り付けなくてはいけないのです。

するとプロの手を借りる場合が多くなりますから、自然と値段が高くなってしまいがちです。

そこでやるなら内装改造がお勧めで、外装に手を加えるよりも多少は安く済む場合が多いです。

しかもパーツを手作りできることもあれば、購入してきたものを自分で取り付けることもさほど難しくないです。

理由は外装とは違って万が一落下してもそれは車内のことですから、他の車に迷惑をかける場合が、外装パーツと比較すると圧倒的に少ないというわけです。

そのためお金をかけたくない人だけでなく、内装改造をするのが初めてという人にとっても向いています。

さてヴェルファイアの内装改造についてですが、まずやっておきたいのはシートの張り替えです。

この部分が節約したい人や初心者向けなのはとても簡単に改造が行えるからです。

もちろん既存のシートカバーを剥がして行うほどの本格的なものを計画しているなら、お金も時間もそして知識と技術が必要になってきます。

しかし今使用しているカバーの上に被せるという方法であればそれほど難しくはありません。

その上失敗をしたとしても被せるカバーが無駄になるだけなので、ヴェルファイア自体を傷める可能性は少ないので、いくらでもやり直しができます。

具体的なやり方としてはまず、シートのサイズを測らなければいけないのですが、裁縫で使用する型紙などを購入する必要はないでしょう。

シートの大きさだけがわかれば良いのですから、ゴミ袋でも特に問題はなくそれをシートに合わせてまち針で固定します。

その後縁をマジックで書いていけば良いです。

それを大まかに切り出して好きな布の上にのせて型を取っていき、シートの形になっていきます。

この時のコツとしては、実際のシートの大きさよりも若干小さく作っておくということです。

布は引っ張ると伸びますから少し大変なものの何とか被せられます。

それに小さめの方がシートに密着してくれるおかげで、座り心地を妨げにくいです。

トヨタ・ヴェルファイアの内寸や内装色、内装改造についてのまとめ

引用:https://www.youtube.com/watch?v=z2wiJ8n8e-4

今回はトヨタ・ヴェルファイアの内寸や内装色、できるだけ安く済ませるためにおすすめの内装改造についてご紹介しました。

内寸については、荷室スペースの横幅は約130cmですが後輪のタイヤがある位置は突起物があり、その箇所だけ横幅が約90cmと狭まった状態で3列目のシートを標準の位置にした際の奥行きは約40cmです。

内装色は購入時に選択すること可能で、同じブラックには本革タイプも用意されます。

内装改造は外装に手を加えるよりも多少は安く済む場合が多く、しかもパーツを手作りできることもあれば、購入してきたものを自分で取り付けることもさほど難しくないのでおすすめです。

購入を考えている方は是非内装改造についてもご検討されてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!