下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


高級ミニバンであるトヨタのヴェルファイアは、その車体の大きさから燃費が悪いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

今回はヴェルファイアの燃費についての詳細と実燃費についてご紹介します。

消費確認方法から燃費を向上させるためのテクニックについても解説していますのでぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの燃費は良いのか悪いのか

引用:https://www.autocar.jp/newsjp/2018/01/30/265695/

ヴェルファイアの購入を検討している時に気になるのが、燃費はどれぐらいなのかということです。

そのような部分を気にする車ではないにしても、あまりに悪すぎると候補から外すことも検討する必要がでてくるだけに、どれだけ燃料を消費するのかは事前にしっかり抑えておきたい部分になります。

ヴェルファイアはモデルやグレードによって多少の違いがありますが、もっとも多くの人が購入の対象としてあがるグレードでみると11.6km/lとなっています。

問題は実際に走った時にどのぐらいの数字が出るのかということであり、これは乗り方や住んでいる地域によって大きく変わってくるため一概に言えるものではありません。

信号のない道を常に走ることができるのであれば数字は良くなりますし、毎日渋滞に巻き込まれてしまうのであれば悪くなってしまいます。

同じ地域であっても夏と冬では環境が大きく違いますから、エアコンを使う夏場には数字が落ちてしまう地域もあれば、その逆に北海道のような寒冷地の場合寒すぎて冬場はエンジン効率が落ち燃費も悪化するということが考えられます。

それだけに、カタログ値に対して実際の数字がどれ位になるのかというのは、一概に言えるものではないのですが、目安としては大体カタログ値に対して7-8掛け程度と考えておくのが良いでしょう。

平均すると多くの人がこれぐらいの数値にあてはまることになるので、8-9km/l程度走ると購入をする際の目安として適当だと言えます。

引用:https://bbs-japan.co.jp/owners-photo/3220/

後は実際に使用をする環境を考慮してこの数字よりも良くなりそうか、悪化をしそうかを考えると実際の燃費に近い数字が出てくることでしょう。

常にフル乗車をして市街地を走る場合には数字がかなり悪化することを覚悟する必要があり、逆に普段は一人で使って渋滞もないのであれば燃料の消費はおさえられるという感じに自分がどのように使うかを思い浮かべてシミュレーションをしてみることです。

また、似たような使い方をしている人の口コミを参考にしてみるというのも効果的な方法であり、ヴェルファイアは人気の高い車であるだけに燃費に関する口コミも豊富にありますから、似たような使い方をしている人を見つけるのもそれほど難しいものではありません。

いくつかの例を見つけて平均をしてみれば、大きく外れない数値を出すことができます。

ヴェルファイアの燃費は絶対的に良いものではありませんが、ミニバンとしてみれば悪いものではないので、後はどのような使い方をするのかで変わってきます。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの実燃費と燃費確認方法は

引用:https://cartune.me/notes/1FjPCZP9By

ヴェルファイアは燃費だけでみると車体が重たくて排気量も大きいことから、決して良いものではありません。

それだけに気になるのが実燃費なのですが、これは乗り方や使い方によって大きく変わってくるので、一概にどれだけの数値が出るというものでもないことをまず理解しておく必要があります。

北海道の信号も少なく常に定速で走行をできる環境と、東京のように常に渋滞でストップアンドゴーが続く場所では全く条件が違いますから、実燃費も大きく変わってくるのです。

一般的に言われるのがカタログ燃費に7あるいは8掛けしたぐらいの数値が実際の燃費だと言われることが多く、カタログ値では11.6km/lに対してヴェルファイアユーザーの口コミだと7km/l前半から10㎞/lを少し超えるぐらいの報告があります。

これらの口コミから見てわかることは、ヴェルファイアはカタログ値自体はそれほど良いものではありませんが、実際の燃費はカタログ値との乖離は大きくなく条件次第では、10㎞/L代も出る程となっているのでミニバンということを考えると決して悪いわけではなく、悪くないといえるレベルではあります。

ただし、注意をしておきたいのは口コミによる実燃費というのはブレが大きく、正しい意味で本当の燃費を表しているとは言えません。

一番確実な燃費確認法は燃費計を取り付けて実際に使用をした量を確認することなのですが、ここまでしている人は限られています。

引用:https://autoc-one.jp/nenpi/5001660/

多くの人はヴェルファイアに搭載をされている燃費計を参照しているか、あるいは満タン法による計測をしていると考えられますから、どうしても本当の意味での実燃費とは誤差が生じてしまうことになるのです。

車に取り付けられている燃費計というのは正確なものではなく、あくまでも目安にしかすぎません。

おおよその数値を知りたいという時には役に立ちますが、それでも条件次第では誤差が1-2割り程度生じることがありますから目安にしかもちいることができないのです。

燃費計測法として広く一般に行われる満タン法ですが、これも毎回毎回同じ位置まで給油ができているとは限りませんから、誤差が出てしまいます。

車に取り付けられている燃費計と合わせて用いればある程度、実際の燃費に近い数字になってくることはあるかも知れませんが、やはり正確なものとは言えません。

そのため、正確な燃費確認をしたいというのであれば、専用燃費計を取り付ける以外に方法はないのです。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの燃費向上テクニック

引用:https://jp.autoblog.com/2017/12/31/modellista-toyota-alphard-vellfire/

大型ミニバンのヴェルファイアは元々あまり燃費の良い車種ではありません。

ガソリンモデルに関しては10km/L前半、ハイブリッドモデルに関しては10km/L後半の数値を示しています。

カタログ燃費がこのくらいの数値なことで、実燃費に関してはさらに低下してしまいます。

走り方によっては一桁台をマークすることもありますので、ガソリン代による負担は小さくない車種と言えそうです。

しかし燃費向上のための心掛けを持つことで、カタログ燃費を実現しやすくなることもあります。

コツとしては加速をゆっくりと行うことです。

ビッグサイズなことで重たい発進になりがちな車ですが、だからといって強く踏み込んでしまうと、大きなエネルギーを使ってしまいます。

ガソリンの消費も早めてしまうことになるため、急発進にならないように気を配る必要があります。

低燃費に発進をするためには、ブレーキを離し、クリープ現象による動きを確認してアクセルを踏み込むことが大切です。

車の動き出しに合わせ、優しく加速をプラスしていく意識を心掛けることで、無用なガソリンの消費を抑えることができます。

余計な加速をするのも良くありません。

加速をするためにはエネルギーが必要ですので、不必要に速度を上げようとすればするほど燃費は悪くなります。

燃費を良くするためには加速を控えながら一定速度で巡航することが欠かせませんが、50kmほどの速度で安定して走るのがガソリンの節約に繋がります。

したがってアクセルワークを調整しながら一定の速度を保てるように意識した方が良いでしょう。

安定した走りのためには車間距離を適度にあけておくことが欠かせないポイントです。

ヴェルファイアは背の高さもあって見通し良く運転をすることができますが、すると無意識に車間距離も詰まってしまいます。

ブレーキを踏まなければいけない上、速度が落ちたことで加速も必要になります。

できるだけアクセルを動かすことなく、不要なブレーキを踏まないようにすることが大事ですので、そのためには車間距離をしっかりとあけることが欠かせないのです。

普段の車のメンテナンスでも燃費向上を良くするコツがありますが、ひとつに適度な空気圧を保つことです。

空気が入っていないタイヤですと路面との摩擦が大きくなってしまいます。

すると抵抗が強くなってしまいますので燃費も悪くなってしまうのです。

また、タイヤ自体の摩耗が進みやすくなるため、タイヤの交換タイミングも早く訪れやすくなります。

トヨタ・ヴェルファイアの実燃費と燃費向上テクニックについてのまとめ

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU7123949632/index.html

今回はヴェルファイアの燃費は良いのか悪いのか、また実燃費や燃費確認方法、燃費向上テクニックについてお話していきました。

ヴェルファイアはモデルやグレードによって多少の違いがありますが、もっとも多くの人が購入の対象としてあがるグレードでみると11.6km/lとなっています。

実際の燃費はカタログ値との乖離は大きくなく、条件次第では10㎞/L代も出る程となっているのでミニバンということを考えると決して悪くないといえるレベルではあります。

燃費向上のための心掛けを持つことで、カタログ燃費を実現しやすくなることもあり、コツとしては加速をゆっくりと行うことです。

できるだけ長くヴェルファイアを楽しみたい方はぜひこの燃費向上テクニックを参考にされてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク