下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


高級ミニバンの中で最も有名なトヨタのヴェルファイア、高級志向と謳われているだけあって価格・値段の詳細について気になる方も多いのではないでしょうか。

今回はトヨタヴェルファイアの購入時と購入後にかかる費用はいくらなのかについてご紹介します。

また、MT車のグレードがない理由についても解説していますのでぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

トヨタヴェルファイアの価格・値段の詳細は

引用:https://bestcarweb.jp/news/business/2670

国産Lサイズミニバンの中でもアルファードと人気を二分するヴェルファイアは、トヨタネッツ店専売のフラグシップモデルとしてその存在感が際立っています。

2015年に2代目がデビューし、2017年にはマイナーチェンジを実施されており、デザインや安全性能にさらに磨きがかかりました。

メッキで飾られたフロントグリルはより迫力が高まり、トヨタセーフティーセンスは夜間の歩行者検知も可能となった第2世代のシステムに更新されています。

ヴェルファイアは、トヨタ最高級クラスのミニバンだけに、価格・値段は全般的に高水準ですが、ベースグレードであれば比較的求めやすい価格設定にもなっています。

エンジンの排気量やハイブリッドシステムの有無などでも価格帯が異なってきますので、ここではそれぞれのグレード別に値段の違いを確認していきましょう。

最廉価グレードであるガソリンの「X」は2.5リッターの直列4気筒エンジンを搭載するモデルです。

最廉価グレードとはいえ、ヴェルファイアの世界観を堪能するのには必要十分な装備を搭載。

また「X」の装備をベースとしてエアロ仕様とした「Z」も人気のあるモデルです。

値段は「X」の2WDモデルで約335万円、「Z」で369万円からです。

引用:http://kakaku.com/kuruma/used/spec/Maker=1/Model=30031/Prefecture=13/

ハイブリッドシステムを搭載したモデルは、ハイブリッド「X」にはじまり、ハイブリッド「V」「V・Lエディション」とグレードが上がっていきます。

ハイブリッド「X」は約436万円、「V」は約497万円からという価格が設定されていますので、500万円以内で手に入れたいと考えている人におすすめできるモデルと言えるでしょう。

ショーファードリブン的な使用に適しているエグゼクティブラウンジは、ヴェルファイアのなかでも別格の値段となっており、ハイブリッドシステムまたは3.5リットルV6エンジンを搭載して余裕にあふれた走りを実現しています。

値段設定はガソリン3.5リットルエンジンモデルで約703万円、ガソリン2.5Lエンジンにハイブリッドシステムを搭載したモデルで約735万円です。

また、ヴェルファイアの最高峰グレードがエアロボディをまとったハイブリッドシステム搭載のエグゼクティブラウンジで、価格は約750万円です。

いずれのモデルを選んでも、納得の行く装備と圧倒的な存在感で十分に所有欲を満たしてくれることは間違いありません。

超人気者であることから下取りの高額査定も期待できますので、残価設定型ローンなどを利用すると思いがけずリーズナブルに手に入れることも可能です。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの購入時と購入後にかかる費用は

引用:https://www.modellista.co.jp/press/2017/1225_vellfire/

ヴェルファイアの購入を検討しているのであれば、購入時にかかる費用はもちろんのこと購入後にかかる維持費もよく考えておくことが大切です。

購入をするのにお金を使い果たしてしまって維持できなくなってしまったとなっては大変です。

車というのはとにかくお金がかかるものであり、特に一度も車を買ったことがない人だと、どのようなお金が発生するのかわからないことも多いだけに、事前にしっかり確認をする必要があります。

まず、購入時にかかる費用ですが車両代金は誰もがすぐに思いつくものですが、それ以外にも様々なお金がかかってきます。

自動車税に自動車取得税、自動車重量税から消費税と税金だけでもかなりの金額になりますし、強制保険の自賠責も実質的には税金のようなものと言えます。

納車をするのにもお金がかかりますし、諸々の手続きを進めるための手数料をディーラーに支払わなければなりません。

これらのものを含めると車両価格の他に軽く20万円以上は追加されることになるので、車両価格だけを見てこのぐらいの金額で購入できると思いこまないようにしましょう。

また、人によってはオプションをつけることになりますが、車のオプションというのは非常に高額なものですから、あれもこれもとつけていればあっという間に数十万円の金額となってしまいます。

この点も予め理解をしておかなければ、諸費用に加えてオプションだけで100万円近い金額になりますから、当初の予定を大幅にオーバーしてしまうことになります。

引用:http://kakaku.com/item/K0000287170/catalog/

購入時にもこれだけのお金がかかるわけですが、購入後も様々な費用が発生するものであり、ガソリン代に任意保険料、消耗品の交換にかかるお金もあります。

土地を持っていなくて駐車場を借りるのであれば、駐車場代が発生します。

新車で購入をする場合には、最初の車検ぐらいまではそれほど消耗品もないことでしょうから、ガソリン代に駐車場代が、任意保険と毎年の税金辺りが基本の維持費となってきますが、その時期を越えるとタイヤやバッテリーなどを交換しなければならなくなってくるため少しずつ消耗品費もかさんでくるようになってきます。

高速道路を利用すれば高速料金も発生するので、仕様の仕方によって維持費は大きく変わってくることになります。

ヴェルファイアを購入するとなれば、購入時と購入後で最低でもこれだけの費用が発生することになるため、欲しいと思った時には安易に購入を考えるのではなく、これらのお金のこともしっかりシミュレーションしなければなりません。

スポンサードリンク

ヴェルファイアにMT車のグレードがない理由

引用:https://dressup-navi.net/parts/383/

ヴェルファイアは全グレードを通して、MT車の設定はありません。

理由はいくつも考えられますが、一番大きいものとしては需要がないからというのが最大の理由となります。

メーカーとしてもMT仕様のものを設定してそれが売れるのであれば、障壁があったとしてもなんとかな販売をしようとするものですが、需要がまったくないのであればわざわざ余計なコストをかけて設定する意味がありません。

そもそも、MT車というのはヴェルファイアのみならず、すべての車種の新車の販売台数の中でも1-2パーセント程度しかなくなってきています。

100台売れてその内の1台か2台がようやくMTというものですから、需要を考えればわざわざ設定をする必要がないということになるのです。

また、これはあくまで新車の販売台数の全体で見た数字であり、個別の車種ごとの割合ではありません。

例えばスポーツカーや軽トラックのようにMT需要が高いものであればもう少し割合も高くなりますが、逆に需要がないものであれば更に割合は減ってしまうということになります。

ヴェルファイアのように普通の人が家族や荷物を乗せるために購入をする車は運転が簡単な方が良いですし、それに加えて高級感を売りにしている車において自分でせわしなく操作をするというのはイメージにそぐわないものですから、ますますMT車の設定はふさわしくないということになってしまいます。

潜在的にMT車に乗りたいと考えている人がたくさんいたとしても、現実的にMT仕様のヴェルファイアが販売されたら購入をするのかというとそれはまた別問題であり、それらのことを考えるとこの手の高級ミニバンにはMTで出す意味はないと考えられることから、どのグレードでも用意をされていないということになります。

MTにもメリットはたくさんあり、特にミニバンのように重たい車だと運転手の意思によって任意にギアを選択できるというのは運転しやすい場面も少なくありません。

しかし、そのメリットを最大限に引き出すことができる人はそれほど多いものではなく、またメリットがあったとしても操作が煩雑であったり、家族揃って使用をすることができないというデメリットのほうが大きいため総合的にみるとミニバンにMT設定は不要ということになってしまいます。

このような理由があることから、特に購入感を売りにしているヴェルファイアの場合にはどのグレードにもMT車は設定されていないのです。

トヨタ・ヴェルファイアの価格・費用とMT車のグレードがない理由のまとめ

引用:https://www.automesseweb.jp/2017/12/28/39011

今回はトヨタヴェルファイアの購入時と購入後にかかる費用はいくらなのか、また、MT車のグレードがない理由についても紹介しました。

ハイブリッド「X」は約436万円、「V」は約497万円からという価格が設定されていますので、500万円以内で手に入れたいと考えている人におすすめできるモデルです。

MT車のグレードが取り扱われない理由はいくつも考えられますが、一番大きいものとしてはユーザーからの需要がないこと。

MT好きな方にとっては残念ですが、予算を500万程度でお考えの方にはおすすめですのでぜひ購入を検討されてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!