下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


トヨタの高級車の代表、ヴェルファイア。

高級ミニバンの中でもかなりの人気を誇っていますが、実際はどのような評価を受けているのでしょうか。

今回は新型ヴェルファイアの良い評価と悪い評価について、またヴェルファイアの様々な評判についてもご紹介します。

スポンサードリンク

新型ヴェルファイアの良い評価について

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアは高級ミニバンの成功作である、アルファードの兄弟モデルとしてデビューしました。

デビュー年は2008年ですが、2代目は2015年に登場したアルファードの第3世代と兄弟関係になります。

ヴェルファイアの大半の部品は兄弟車と共通ですが、フロントとリアのデザインに関しては明確な区別があります。

アルファードは伝統的な価値観に基づいて高級感が演出されており、ヴェルファイアは革新的なイメージによって演出されているわけです。

トータルインプレッションとしては、威圧的な外観や豪華さが満載だと言えます。

ヴェルファイアの前モデルは豪華なインテリアが特徴でしたが、新型は旧型をリファインして洗練されています。

シャシーが新たに設計し直されており、その効果が存分に発揮されているわけです。

クルマの中身として進化しており、重量級のボディが圧倒的なクルーズ感を醸し出します。

引用:https://clicccar.com/2017/12/28/543937/

中低速域での乗り心地の良さは驚異的で、遮音性の高さに目を見張ります。

それはトヨタの高級車をもしのぐほどだと言えます。

何よりもヴェルファイアはオーナーであることの喜びを存分に味わわせてくれるクルマとなっています。

新型車は走る応接室と呼べるほど、豪華な内装が特徴です。

単なる内装の豪華さに留まらず、防音性能が高いのが特徴です。

加えて防振性能も高いので、高い居住性が実現されているわけです。

重量級ボディでありながら柔らかめのサスペンションが採用されており、ローリングやピッチングともに穏やかに調整されています。

その背景には剛性やサスペンション容量が、大幅にアップされていることがあります。

旧型はやや押しの強い外観でしたが、静粛性に問題がありました。

但し新型ではそれが一変しており、良い評価へとつながっているわけです。

新型車では路面の補修跡や段差に対して、抜群の吸収性を発揮します。

全部の衝撃をタイヤやサスペンション、ラバーマウントで吸収するわけです。

ボディの遮音性能も高く、外界と遮断されたような静けさを実感できます。

勿論高速走行に関しては快適そのもので、速度レンジが上がっても不快感を感じることはありません。

その理由としてはボディのコントロールが上手になっていることがあります。

すなわち揺れの加速度を小さくすることで、身体の揺れを抑えることになっています。

仮に段差を踏んだとしても、そこからの垂直や水平方向の戻りがゆったりしています。

それが身体へのストレス軽減に貢献するものです。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの悪い評価について

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアは人気のある車種です。

多くの購入者は満足と評価していますが、一部に不満を感じている人たちもいます。

悪い評価としては、まずフロントマスク部分のデザインに不満を感じているケースが見られます。

ヘッドランプの位置が高くバランスが良くない、また洗車が大変などの評価をする人が多くいます。

フロント周りは前のモデルと比較して凹凸が多いため、洗車時の拭き取りが大変です。

またフロントのデザインが固めなので、柔らかいイメージの標準タイプを選んだという人たちもいます。

リアやサイドの腰高感についても不満が見られます。

一方ですっきりとしたボディーラインを好意的に評価する人たちもいます。

ヴェルファイアはサイドからリアにかけてシャープなデザインになっているのが特徴です。

窓も小さいため見る者に未来的な感じを与えます。

フロント周りについても見慣れてしまえば問題ないという意見が存在します。

ヴェルファイアはフロントよりもサイドからリアにかけてのデザインを評価する人が多く見られます。

インテリアについても高く評価する人の方が多数派です。

引用:http://car-sentai.net/vellfire/select-grade-vellfire/

ただし悪い評価をする人たちも僅かですが存在します。

エアコン周りやドア周りに残るプラスチック感を問題と捉える評価が見られます。

カップホルダーや純正ナビの使い心地に不満を感じている人もいます。

ヴェルファイアのファブリックシートは座り心地の良いものです。

しかし見た目に高級感が欠け、ゴミが付着しやすいという評価をする人たちもいます。

インテリアは前モデルと比較してダッシュボード周辺やインパネ周辺の高級感が増しました。

前モデルよりもプラスチックを使用した部分が減少しています。

それでも高級感が足りないと考えるユーザーも存在します。

多くのユーザーは新型モデルのインテリアに満足と評価しています。

エンジン性能についても好意的な評価をするケースが多く見られます。

ただし一部に悪い評価をする人たちもいます。

悪い評価の例としては、パワー不足を挙げることができます。

ヴェルファイアは車体重量がおよそ2トンある大型なミニバンです。

2.5Lモデルでは少しエンジンのパワーが物足りなく感じる可能性があります。

人や荷物を載せたり高速道路を頻繁に使用するならば、3.5Lモデルの方が適しています。

ユーザーの中には3.5Lモデルでも物足りないと悪い評価をする人がいます。

しかしこの車はスポーツカーではないので、2.5Lモデルでも十分と評価する人たちも多く存在します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの様々な評判や評価

 

引用:http://www.nankaiauto.co.jp/gallery/gallery_list-1806-16464-1.html

ヴェルファイアは数ある国産ミニバンの中でもLクラスの大型かつ高級ミニバンとして位置付けられている車種です。

価格帯としてはグレードによって大きく変わる為に約330万円から750万円と幅広いですが、日本車のミニバンの中では最上位クラスの価格帯になっています。

その分高い車両価格に見合った走行性能や機能性やブランド力を誇っている自動車です。

基本的に車高が高くて横幅も広い重量のある自動車はその重さから走行の安定性が確保しにくくなる傾向があります。

しかしヴェルファイアは構造用接着剤を広範囲に適用してボディ剛性を高めて、減衰力を適正化するバルブを採用した事で安定した走行性能を実現しています。

また高剛性ボディーに塗布型制振材を適切に配置してエンジンルームと室内を仕切るダッシュパネルにサンドイッチ鋼板を使用する事で騒音や振動を極限まで抑えて快適な乗り心地になっています。

大型の車両にありがちな騒音や安定性の無さは感じられないので、この点に関しての評価は高いです。

ヴェルファイアは燃費性能が良くないという評判もあります。

ガソリンエンジンとハイブリッドエンジンが用意されていて、ガソリンエンジンの2100kg以下のモデルではリッター10.8キロでハイブリッドエンジンでは2100kg以下のモデルでリッター18.4キロの燃費性能になっています。

コンパクトカーなどと比べると劣るというのは確かですが、ミニバンの中でも特に大型の車種である事を考えると優秀な燃費性能であるという評価が妥当です。

大型車だけあって運転手は運転に気を使う場面が多いですが、セーフティーサポートと呼ばれる踏み間違いや急に車間が詰まった時に自動車を停止させる手助けをしてくれる機能が備わっています。

また死角から他の車両が出てきた時にいち早く感知したり、駐車しやすいようにカメラ映像をモニターに表示する機能もあって、安全性能の評判も良いです。

内装は高級ミニバンに相応しい重厚感のあるデザインになっていて、ユーザーからの評価も高いです。

デザイン性だけでなく、社内の空間は非常に広くて乗り心地も快適です。

乗車空間以外にも収納スペースも充実しているので、大量の荷物を運ぶ時にも便利です。

シートの可動域も広くて状況に合わせて自由に室内を使用する事ができます。

外観は高級感のあるデザインでスタイリッシュなイメージを受けるデザインは多くのユーザーから高い評価を得ています。

ヴェルファイア評価についてのまとめ

引用:https://fourel.info/?p=2204

今回は新型ヴェルファイアの良い評価と悪い評価について、またヴェルファイアの様々な評判についてもご紹介しました。

新型車は走る応接室と呼べるほど豪華な内装が特徴で、ボディの遮音性能も高く、外界と遮断されたような静けさを実感できます。

フロント周りは前のモデルと比較して凹凸が多いため、洗車時の拭き取りが大変というデメリットもありますが、内装は高級ミニバンに相応しい重厚感のあるデザインになっていて、ユーザーからの評価も高いです。

以上、ヴェルファイアの良い点も悪い点も理解した上で購入を検討されてください。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

こちらをクリック

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク