軽自動車が広く普及される中で高級志向のミニバンも今注目を集めています。

今回は高級ミニバンの代表格、TOYOTAのヴェルファイアのシートの座り心地について紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイア2列目シートってどんな感じ

引用:https://response.jp/article/2017/04/01/292957.html

皆さんは車の会社を聞かれたら幾つ何処の会社が思い浮かぶでしょうか。

今回は数多くある有名な車会社の中からTOYOTAの車を一つ取り上げて説明していきたいと思います。

TOYOTAから発売されているヴェルファイアという車を聞いたことがありますか。

ヴェルファイアというシリーズには3種類あり、「X」「Z”Gエディション”」「HYBRID X」というものです。

もしかすると名前は知らなかったけどこの車が道を走っているところを見たことはあるという方も中には居られるのではないかと思います。

新車で購入すると4362,100円~という価格になっています。

この車ではTOYOTAで初めてSafety Senseを全車標準装備されるようになっていて、レーントレーシングサポート、リクラッシュセーフティ、レーダークルーズコントロール、アダプティブハイビームシステム/オートマチックハイビーム、ロードサインアシストが付いているようです。

ヴェルファイアの凄い所はこれだけではなく他にもあります。

サポート機能だけでなく室内の設計にも工夫を凝らされた車です。

助手席は1160mmもの座席スライド可動域を持っていたり、床下に収納場所があったりします。

さらには乗り降りにこだわっており、180mm幅のステップを付けたステップまで350mm車の床まで450mmの低床化や485mmの補助グリップの大型化、そして2列目シート/3列目シートへの乗り降りの向上を行っています。

2列目シートへの開口幅は780mmで大荷物の時でも扉に引っかからず滑らかに乗り降りできる移動しやすい作りです。

引用:https://www.webcg.net/articles/-/38362

先ほど助手席が1160mm移動可能であると述べましたが、移動させている時は2列目シートを後ろに下げて使用することで7人乗りのまま車を使用することができるようになっています。

つまり、車には約4列ほどの縦スペースが存在しており、広くゆったり過ごすことができるのがこの車の特徴となっています。

また、この車のシートは乗る人の体格に合わせて設定することができるためシートの前後やリクライニングを行うことができます。

このように全ての乗る人が乗りやすいように設計されているのがヴェルファイアという車で、特に2列目シートのデザイン性の向上は他社のものと比べても大変便利で実用性のある魅力的なものとなっています。

これで皆さんにヴェルファイアの2列目シートがどのようになっているものか理解していただくことができたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ヴェルファイアには3列目シートがあるので便利です

引用:https://bestcarweb.jp/feature/column/43129

ヴェルファイアはミニバンと呼ばれる自動車のタイプであり、近年では多くの人たちに支持されています。

ミニバンには荷物をたくさん積むことができて、人がたくさん乗ることができます。

一般的なセダンタイプの乗用車は4人乗りまたは5人乗りとなっていますが、ヴェルファイアには3列目シートが装備されていますので、大人7人がゆったりと乗車することができるのです。

バブル期には日産のシルビアやホンダのプレリュードなど、デートカーと呼ばれる2ドアクーペが人気を集めました。

またファミリー層にはトヨタのマークⅡなどに代表される、スタイリッシュなセダンが人気となっていたのです。

しかしバブルが弾けてからは自動車は憧れや趣味の対象ではなく、実用的な生活の道具へと進化しました。

走行性能よりも省エネなどエコ対策が重要とされ、室内が狭く実用性に劣る2ドアクーペやスタイリッシュなセダンは不人気車種となりました。

小型で実用性に優れた5ドアのハッチバック車がファミリーカーの主流となり、さらに燃費性能に優れるハイブリット車の人気が高まったのです。

そのような流れの中で、軽乗用車を中心にミニバンに注目が集まるようになります。

経済的な理由で普通乗用車から軽乗用車に乗り換える人が増えて、室内が広々として家族4人が余裕を持って乗車できるミニバンが人気となったのです。

当初は実用性やエコ性能や価格でミニバンを選ぶ人が多かったのですが、その後メーカー各社では新しいミニバンの開発に力を入れ始め、普通乗用車なみの装備を備えたミニバンがラインナップされることになります。

ミニバンの人気はさらに普通乗用車へと広がり、より高級志向のミニバンが開発されることになりました。

ヴェルファイアをはじめとする高級ミニバンは名称こそ「ミニバン」となっていますが、実際にはかつてのVIPカーのような位置づけとなっています。

かつてはクラウンやセドリックなどを選んでいた人が、現在は高級ミニバンを選んでいるのです。

ヴェルファイアの特徴は、押し出しの強いフロントグリルのデザインです。

近年では自動車業界全体に押し出しの強いデザインが流行していますが、ヴェルファイアのフロントグリルのデザインは格別だといえるでしょう。

いわゆる「悪羅悪羅系」のデザインであり、特にマイルドヤンキーと呼ばれる人たちから高い支持を得ています。

高速道路の追い越し車線を右側のウインカーを点滅させながら走行すれば、ほとんどの車が道を開けてくれるはずです。

スポンサードリンク

ヴェルファイアで気になる乗り心地はどうなのか

引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/

ヴェルファイアといえば若い世代を中心に人気で、実用性と乗る楽しさが味わえる車です。

購入を検討する人が少なくない車ですが、人気が目立っている傾向なので、ここは一度冷静になって良し悪しを確認することが大切です。

長く愛用するつもりであれば、乗り心地の重要性が高まりますから、この点を中心にヴェルファイアの評判をチェックするのが良いでしょう。

実際に乗り心地はどおかと問われれば、シートはクッション性があって滑りにくく、長時間の運転でも疲れないと答えられます。

シートにはファブリックタイプと革タイプがありますが、どちらもクッション性は良好で適度に体を支えてくれます。

また、滑りにくい質感に仕上げられているので、体がズレて疲れてしまうような心配も皆無です。

沈み込みは適度で硬くも柔らかくもなく、おかしな姿勢で腰や背中を痛めてしまうこともないでしょう。

むしろ、まるで上質なソファに座っているかのような、心地良い乗り心地が得られますから、ヴェルファイアに試乗する際はここが要チェックです。

運転席や助手席はどおかといえば、体とフロントとの間の空間にゆとりがあって、ゆったりと乗れる印象があります。

大きめのボディに余裕がある車ですから、ヴェルファイアはイメージ通りの乗り心地が実現します。

後部座席もこの車らしいゆとりが設けられているので、脚の長い人や大柄の人でも余裕で乗れるはずです。

背もたれが大きく作られていることから、深々と座って全身が包まれるかのような、心地良さが実感できます。

シートには勿論ヘッドレスト付きなので、振動に揺られて何時の間にか寝てしまっても、首を痛める心配は無用です。

引用:https://autoc-one.jp/news/5001043/

ヴェルファイアの乗り心地は、車外の設計による部分も大きく、街乗りでは段差を実感しにくい振動の少なさが発揮されます。

これは低速走行時だけでなく、例えば60kmで走行する場合も同じですから、何時でも安定した走りが楽しめるでしょう。

高速道路のように速度が出せる環境下でも、振動の少なさと段差を直感せずに済む快適性が表れます。

何より音が静かでノイズ感が感じられない、耳の心地良さも高くなっているので、不快感を覚える可能性はとても小さめです。

流石に評判が良く人気の高い車だけあって、ハイレベルな居住性に仕上げられています。

普段遣いでは気が付きにくい部分ですが、意識してみると揺れが小さく音も控えめだと分かりますから、試乗体験では期待を裏切らない良さが実感できます。

ヴェルファイアのシートと乗り心地についてのまとめ

引用:https://response.jp/article/2018/01/10/304503.html

今回は高級ミニバンTOYOTAのヴェルファイアの乗り心地についてご紹介しました。

シートはクッション性があって滑りにくく長時間の運転でも疲れませんし、ファブリックタイプと革タイプどちらかお好きな方を選んで頂けます。

運転席や助手席も、体とフロントとの間の空間にゆとりがあり、ゆったりと乗れるのでおすすめです。

経済的にお得な軽自動車もいいですが、より充実したカー生活を送りたい方は是非ヴェルファイアの購入をご検討ください。

ヴェルファイアが値引き金額から、更に70万円安くなる方法とは?

  • 「ほしい新車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めても、
教えてくれるのは車の性能くらい。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

ところが、ディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションも多数あり!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定の後回しは損!損!損!


スポンサードリンク